スポンサードリンク

飲食店を開業する際の法律

飲食店を開業する際の法律を破ると、営業を取り消されてしまう可能性があります。

通常の飲食店であれば営業する時間帯に制限はないですが、接待を伴う飲食店ですと、夜の12時までしか営業できないと法律で定められているのです。

飲食店を開業する地域によっては、深夜の1時まで営業を許可しているところもあります。

飲食店を経営していく上で、営業時間に関する罰則は厳しくなっているので、絶対に守るようにしましょう。

飲食店を開業する際の消防法

飲食店を開業する際の注意点として、消防法を忘れてはいけません。

飲食店を建てる建物に従業員が30人以上出入りするという場合は、消防法によって1店舗ごとに1人以上の防火管理者をおかなくてはなりません。

防火管理者とは、防火に関する講習会を修了し、一定の資格を持っている者のことを指します。

防火管理者は防火上で必要な業務を行うことができるのです。

そして、開業した地域の管轄である消防署に防火管理選任届出書を出さなければなりません。

といっても、防火管理者の資格は、2日間の講習によって取得することができるので、そこまで大変な資格ではないのです。

防火管理者の取得にかかる費用は、5000円程度です。