スポンサードリンク

飲食店を開業して経営する際の経理について

飲食店を開業して経営する際に、経理が必要ではないかと気にする方がいらっしゃます。

もちろん、自分のお店ですから、気になってしまうことでしょう。

税理士や公認会計士に頼もうと考えている方はいらっしゃると思いますが、実際のところ必要ありません。

大きな飲食店を経営していくならば、税理士や公認会計士は必要であると言えますが、小さな個人経営の飲食店であれば自分で行うことができます。

もし、2店舗以上の出店を目指すのであれば、必要であると言えますが、そうでなければ自分で帳簿の付け方を学ぶことで、どうにでもなります。

最初は難しく感じるかもしれませんが、本屋やインターネットによって、経理の本を手に入れることができますので、自分に合いそうなものを探してみてください。

飲食店を開業して経営する際の税金について

飲食店を開業して経営する際の税金は、所得税の確定申告と消費税の確定申告があります。

所得税の確定申告は3月15日となっていますが、消費税の確定申告は3月31日までになっております。

ここでは、消費税の確定申告に的を絞って説明していきたいと思います。

消費税の確定申告は、1年間の売り上げが1000万円以下であれば納めなくても構いません。

お店の規模にもよりますが、飲食店を開業して1年目で1000万円以上の売り上げを出すのは、非常に難しいと言えるでしょう。

ただし、もし1000万円以上の売り上げを出したとしても、消費税の確定申告は2年後から納めれば良いのです。

しかし、消費税の確定申告といっても、そこまで大きな金額になるわけではありません。

納める消費税の計算方法は、「お客さんから預かった消費税」から「支払いに使用した消費税」を引いた額です。

例えば1年間の売り上げが1500万円であれば、お客さんから預かった消費税は約70万円になります。

もし経費が1000万円であれば、消費財は約47万円になります。

結果として納める消費税は23万円になるのです。