スポンサードリンク

飲食店を開業するメリットをまとめてみた

「自分の夢だから飲食店を開業したいけど、どのようなメリットがあるのだろうか?」と疑問を抱えている方はいませんか?

開業と一口に言っても様々な事業がありますので、本当に飲食店を選んで良いのか不安になりますよね。

そこで、このページでは飲食店を開業して経営するメリットや魅力、強みについて詳しくまとめてみました。

これから飲食店を開業する予定の方は、一度目を通しておいてください。

 

全ての意思決定が自分に委ねられる

この点に関しては飲食店に限った話ではないものの、開業は全ての意思決定が自分に委ねられます。

大袈裟に言えば、自分が一国一城の主になれるわけです。

街中にある飲食店に入って、下記のように感じたことのある方はいませんか?

 

・自分だったらもっとオシャレな内装にするのにな〜

・アルバイトへの指導をもっと徹底してお客さんに喜んでもらえるように努力するな

・他の食事メニューも取り扱った方が良いのにな〜

 

自分が飲食店を開業してオーナーになれば、自分の好きなお店を経営できますよ。

経営者になればサラリーマン時代とは違い、仕事をやらされることは一切ありません。

やりたくない仕事を断ったり自分の好きなように仕事を進めたりできるのは、飲食店を開業する大きなメリットです。

サラリーマンを辞めて飲食店を開業し、ストレスフリーで精神的にも肉体的にも健康な生活を送っている方は多いのではないでしょうか。

 

景気の波に関わらず需要がある

景気の波に左右されることなく、一定の需要があるのは飲食店を開業するメリットですね。

以下では、他の事業と飲食店の簡単な違いについてまとめてみました。

 

・普通の店舗では人気商品でも流行がすぎれば、一気に売り上げが落ちる可能性がある

・人間の衣食住に関わる飲食店は、同じメニューでもリピーターを獲得しやすい

 

飲食店は常に一定の利益を出すことができますので、一度人気が出れば売り上げを維持できます。

もちろん、他の競合が出てくる可能性は十分にあるため、「どうすればお客さんを確保できるのか?」「どうすればリピーターになってくれるのか?」といった点を考えて経営しないといけません。

それでも、皆さんが考えている以上に景気の波に左右されない事業は安定しています。

 

現金の資金繰りがしやすい

お店を開業するに当たり、現金の資金繰りで悩む経営者はたくさんいます。

上手く資金繰りができないと、お店が潰れる原因になりますので気を付けないといけません。

飲食店の開業は現金の資金繰りがしやすいのがメリットで、その理由を見ていきましょう。

 

・売上高のほぼ全てを現金で回収できる

・売掛金が発生してもクレジットカード会社経由で未回収のリスクが皆無

・在庫の仕入れに対する支払いの多くは後払い

 

「飲食店で得た利益は即現金になる」⇒「在庫の仕入れは後払い」というサイクルになりますので、資金繰りで悩まされにくくなっています。

資金繰りに対する苦労が相対的に少ないのは、他の事業とは異なる飲食店開業の魅力です。

 

大手飲食チェーン店と対等に勝負できる

「飲食店を開業してお店を出しても大手飲食チェーン店には勝てないよね?」と疑問を抱えている方はいませんか?

しかし、飲食業界に関しては、「自分のお店にしかない何か」「自分のお店だけにある魅力」をしっかりと打ち出すことができていれば、大手飲食チェーン店とも対等に勝負できる強みがありますよ。

一般的なお店にはないメニューで勝負しているイタリア料理店があったとして、その近くに大手チェーンのサイゼリヤができても顧客を奪われることはありません。

もちろん、大手飲食チェーン店と勝負するにはしっかりと個性を出す必要がありますので、オリジナルの商品の開発や販売に力を入れてみてください。

 

飲食店を開業するデメリットはこれだ!

飲食店の開業に様々な強みや魅力があると聞いて、「自分も始めてみたい」と考えている方は多いのではないでしょうか。

ラーメン屋や居酒屋、イタリアン料理店などジャンルは無限大にあります。

しかし、飲食店を開業する前に、デメリットもきちんと押さえておかないといけません。

飲食店開業のデメリットを知らずに始めると失敗の大きな原因になりますので、一度チェックしておいてください。

 

・初期投資が多額にかかるため、自己資金だけで補うのは難しい

・アフィリエイトと比べると、利益率や売上に限界がある

・お客さんの有無に関わらず、一定の経費が発生する

・休業すれば売上は入ってこないため、軌道に乗るまでは休みは取れない

・「外食にはあまりお金を使わない」など、社会環境で左右される

 

「飲食店を開業すれば誰でも利益を出して幸せな生活を送ることができる」という単純な話ではありません。

様々な苦労や困難を乗り越える必要がありますので、本当に飲食店を開業したいのか自分と向き合ってみてください。