スポンサードリンク

飲食店を開業する際の資金と費用について

飲食店を開業するには、どんなに小さなお店であっても、それなりの資金が必要となります。

一般的にカフェやレストランを開業する際は、それぞれのお店の規模によって変わりますが、500万円から1000万円ほどの資金が必要であると思って頂いて構いません。

もちろん、自分が経営していくお店のスタイルやお店の立地条件によっては、もっと必要になる場合があります。

飲食店を開業する際は、ある程度の目安を自分で考えておいた方が良いと言えます。

飲食店を開業する際に必要な費用の内訳

ここでは、飲食店を開業する際に必要な費用の内訳について説明していきます。

 

<物件費>

物件費は、借りるテナントの保証金や家賃のことを指します。

自分で店舗を持っていれば、必要ありませんが、ほとんどの方が店舗を借りると思われます。

保証金や家賃の他に礼金・仲介手数料が必要です。

保証金は目安として、半年から1年分となります。

 

<設計費・工事費>

テナントで物件を借りる場合は、店内に何もない状態で渡されます。

そのため、お店の外装や内装にかなりの費用がかかるでしょう。

テナントで借りる以外には、現状で渡される居抜きという方法があります。

居抜きの場合には、外装費・内装費はかかりませんが、造作譲渡料と呼ばれる権利金がかかります。

造作譲渡料は無料のところもあるので、探してみましょう。

ただし、居抜きの場合は、自分のスタイルに合った店舗ではないかもしれません。

そのため、良く考えて選択するようにしましょう。

自分が考えているお店に合った居抜きの店舗があれば、良いと言えます。

 

<備品費>

備品費とは、厨房で使用される機械の費用・エアコン・宣伝広告費・テーブル・イス・仕入れ代といった費用です。

ここで使われる費用は、営業するお店によって変わってきますが、全てを挙げるとここでは書ききれません。

それぞれにかかる費用は少ないですが、飲食店を開業していく上で必要となるものが後からどんどん出てくるでしょう。

 

これらの全てを合わせたものが運転資金となります。

飲食店を経営していく上で、運転資金は多ければ多いほど良いと言えます。

できるだけ余裕を持って経営していくことを念頭においておきましょう。