スポンサードリンク

飲食店の開業と屋台について

飲食店を開業すると聞くと、多くの方は決められた実店舗にお店を構えてお客さんを待つというスタイルを思い描くかもしれません。

しかし、屋台を構えるのも飲食店開業の方法の一つで、「移動カフェ」や「移動販売」は現在でも流行っております。

小規模でも飲食店を開業するにはある程度の開業資金が必要になりますし、規模によっては運転資金と合わせて1,000万円を超えるケースも十分にあり得るのです。

その点、低コスト・低リスクなのが屋台や移動販売の大きなメリットで、少ない資金で飲食店を開業できますし、フランチャイズに加盟すればマニュアルが既に定められているので経験がなくても参入できます。

決まった土地に飲食店を構えるとなると、駅前であれば莫大なテナント料や内装費、外装費を支払わなければならず、リスクが大きいのは間違いないでしょう。

そのため、低リスクで飲食店を開業したいという方には屋台がおすすめで、車で移動する食品営業自動車や食品移動自動車を利用します。

つまり、「営業場所を自由に変えられる」「営業時間を自由に設定できる」「お客さんと近い」「一人で開業できる」「アイデアを活かせる」というメリットが屋台の開業にはあるのです。

当然のように自分のお店なのでフランチャイズでなければメニューや料金の設定は自由ですし、自分好みの飲食店に仕上げられるのは間違いありません。

ただし、食品衛生上の関係で屋台や移動販売で取り扱える食品は以下のように定められており、規約に違反すると罰せられるので注意が必要です。

 

食品営業自動車:「生ものは取り扱わない」「営業社内での調理は盛り付けや加熱のみ」

食品移動自動車(食料品等販売・乳類販売業・食肉販売業):「取り扱う食品はあらかじめ包装されたものに限る」「営業社内での調理は行わない」

食品移動自動車(魚介類販売業):「生食用魚介類はあらかじめ包装されたものに限る」「営業車内での調理加工は行ってはいけない」

 

上記のように、屋台を開業する場合もカフェといった飲食店と同じように、業種ごとに細かく定められております。

そのため、まずは自分がどのような食品を取り扱う屋台を開業したいのか考え、必要な許可書などの知識を得ておかなければなりません。

食品衛生法または東京都食品製造業等取締条例に基づく許可を得なければならないのは飲食店も屋台も一緒で、直ぐに営業を開始できるわけではないのです。

とは言え、リスクがない開業方法の一つですし、場所を選べば確実に需要があるので、是非屋台にチャレンジしてみてください。