スポンサードリンク

飲食店を開業する際の融資について

飲食店をする時に融資を受けることはできます。

飲食店を開業する際に融資を受ける場合は、事業計画書というものを金融機関に提出する必要があります。

この事業計画書を作成する場合、飲食店は重要です。

それは、多くの金融機関が飲食店の事業計画書を見てきているからです。

他の業種と比べると、圧倒的に飲食店の開業をする方が多いという理由があります。

そのため、しっかりと調査して勉強し、説得力のある事業計画書を作成する必要があります。

適当に作成して申請されることはないので注意しましょう。

主に必要な資金や、売り上げの予測、経費が判断材料となります。

そして、面接の際には、事業者の熱意や人間性が見られます。

そのため、自分が開業する飲食店について、説得力のある話をしなければなりません。

飲食店を開業する際の融資の目安

いくら飲食店を開業したいからといって、全ての資金を融資することはあまりオススメできません。

目安として、3分の1程度は、自分で開業資金を用意しましょう。

全ての開業資金を用意できるに越したことはありませんが、現実には不可能な方が多いと思われます。

そのため、融資を受ける必要があるのですが、自己資金で足りない分を補うという考えを持っていた方が良いと思います。

国民生活金融公庫で融資を受けよう

一般的に、個人の事業主が金融機関から多額の融資を受けることは難しいと言えます。

そのため、国民生活金融公庫という国の公共機関を利用しましょう。

国民生活金融公庫は日本の至るところにあるので、ホームページで見て確認してみましょう。

国民生活金融公庫の融資対象は、資本金が5000万円以下である者に限られます。

融資期間は13年となっており、最高で7200万円まで融資が可能です。

担保の有無はケースバイケースですが、1000万円以下の融資の場合は、ほとんど必要ありません。

また、国民生活金融公庫に融資を申し込む場合、物件の証明が必要になります。

すなわち、飲食店の物件を決定する前に融資を受けることはできないのです。

注意してください。