スポンサードリンク

アパートで塾を開業するメリットはこれだ!

個人塾は何も高級マンションで開業しないといけないといった決まりは特にありません。

もちろん、一軒家ではなくてもOKで、アパートを借りて塾を開業している人はいますね。

新たに賃貸で借りるのではなく、自宅のアパートの一室を使うのも選択肢の一つです。

アパートで個人塾を開業するに当たり、どのようなメリットがあるのか幾つか見ていきましょう。

 

・高級マンションや大きな一軒家を借りて個人塾にするよりも、遥かに初期費用が安上がりで済む

・生徒に勉強を教えられる教員がいれば、今すぐにでも塾の経営を始めることができる

・他の物件と比較してみると、アパートの方が遥かに借りやすい(不動産会社で異なる)

・教室になるテナントさえ用意すれば、後は「黒板」「会議用テーブル」「本棚」「折りたたみ椅子」「パソコン」「コピー機」を集めるだけで塾の出来上がり

 

塾の開業と聞き、「自分にはハードルが高いのでは?」「素人では難しいのでは?」「莫大な初期費用がかかるのでは?」とイメージしている方はいませんか?

確かに、フランチャイズに加盟するとなると、大よそ300万〜1,000万円の費用がかかります。

しかし、自宅や賃貸のアパートの一室を借りて個人塾を経営する方法であれば、皆さんが想像している以上に安上がりで済むのです。

あまり立地条件に拘らないのであれば、メリットの大きなアパートで塾の開業を目指してみてください。

 

アパートで塾を開業するに当たって押さえておきたい注意点

初期費用が安上がりで済むと聞いて、「自分にも塾の開業はできそう!」と考えている方はいます。

ただし、アパートで塾を開業するに当たり、幾つかの注意点を押さえておかないといけません。

何も考えずにスタートすると失敗の大きな原因になりますので、一度目を通しておきましょう。

 

塾の場所が目立たないと集客できない

駅から遠いのか近いのかによって変わりますが、アパートで塾を開業すると立地条件が悪くなる傾向があります。

家賃の安さで塾を開業する場所を選び、「塾が全く目立たない」⇒「集客できない」⇒「生徒が増えない」⇒「利益を確保できない」といった流れで失敗している事業者は少なくありません。

看板を出しても全く気付かれず、「本当にこの塾は営業しているの?」という個人塾はありますね。

生徒がいなければ塾は絶対に儲かりませんので、アパートを選ぶ時は「立地条件は良いのか?」「目立つ場所にあるのか?」といった点に気を配りましょう。

もちろん、駅近のアパートやマンションを借りると、当然のようにテナント料が高くなると心得ておいてください。

 

管理会社(大家さん)に学習塾として使って良いのか確認する

これはアパートに限らず大きなマンションでも同じことが言えますが、塾を開業する前に管理会社(大家さん)に学習塾として使って良いのかどうか確認しないといけません。

なぜ管理会社(大家さん)への確認無しで塾を運営してはいけないのか、幾つかの理由を挙げてみました。

 

・事業用として使ってはいけないアパートがある

・小学生や中学生が集まることで多少はうるさくなる

・生徒の数が増えた時に部屋数を増やすケースがある

 

不動産会社や大家さんに黙って塾を開業するのは絶対にNGです。

後々に大きなトラブルになりやすいため、最初にアパートを借りる段階できちんと確認しておきましょう。

 

経営を開始してから3年間くらいは我慢する

この点に関してはアパートでも一軒家でも同じですが、塾の開業は経営を開始してから3年間くらいは我慢しないといけません。

個人の学習塾を運営するに当たり、開業して直ぐに生徒が集まることはないでしょう。

最初は1人や2人など少人数の個人学習塾が多く、集客では大手の塾に適わないのです。

つまり、きちんとした利益が出せるようになるまでに、3年間くらいの期間は必要だとイメージしておきましょう。

3年間程度頑張ると生徒の数が増えて20人くらいになりますので、「客単価20,000円×20人=40万円の売り上げ」は期待できます。

1ヵ月7万円のアパートを借りていれば、30万円は残る計算ですね。「半年間やってみたけどダメだった」と直ぐに諦めてはいけません。