スポンサードリンク

塾の開業は大卒が条件なの?

塾や飲食店を開業するに当たって、「大卒が条件なの?」「高卒だとチャレンジできないの?」という疑問を抱えている方は少なからずいます。

確かに、難しい資格や教員免許を持っていなければ塾を開業し、生徒に勉強を教えられないのではないかと考えるのは決して不思議ではありません。

しかし、塾の開業に関しては大卒でなければならないという決まりはなく、誰でも個人塾を持つことができます。

オーナーならば特別な資格はなく、誰でも簡単に挑戦できるからこそ開業する方が近年では増えているのです。

そこで、塾を開業するに当たって、どのようなメリットがあるのか下記ではまとめてみました。

 

・難しい国家資格や民間資格をオーナーが取得する義務はない

・初期投資を抑えて少ない資金で開業できる

・下請け的な仕事ではないので外部環境に依存せずに利益を出せる

・駅前の立地の良い場所に建設する必要はなく自宅を塾にできる

 

上記のように、中卒でも高卒でも個人塾を開業することは十分に可能ですし、初期費用が少ないのも魅力的なポイントとなっています。

飲食店とは違って最初に用意しなければならないものが少なく、100万円程度で開業できたという人も中にはいました。

もちろん、個人の学習塾が大手の塾に対抗するためには、講師の質や月謝の安さなど何かしらの点で勝負する必要があります。

どの親御さんも子供の学力を上げるために塾へと通わせようとするはずですし、有名な大学を卒業している質の高い講師を雇うのは効果的な方法なのです。

とは言え、自分に子供へと勉強を教えるような学力がなくても誰かを雇えば良いだけですし、オーナーになるのに敷居が低いということはお分かり頂けるのではないでしょうか。

何事も失敗を前提に考えるのは良くありませんが、それなりのお金を支払って開業する以上はリスクを減らす試みが必要となります。

初期費用が少なければそれだけリスクを抑えられるので、カフェやバーの開業よりも学習塾が人気を得ているのです。

中には乱塾状態や少子化の現実で、「塾を開業しても将来性がないのではないか?」と不安を抱えている方は多いかもしれません。

しかし、近年では文部科学省による通達でこれまでの子供への学習方法が見直され、ゆとり教育から学力重視へと変わりつつあります。

子供の数は減っていても学力を重視することで国力の維持に繋がるのは明白で、そのために学習塾を利用しようと考える親御さんは増加するはずです。

皆さんが想像するよりも塾の未来は明るいので、開業するために何が必要なのか当サイトでチェックしてみてください。