スポンサードリンク

学習塾業界動向について

学習塾は、初期費用や資本をあまり必要としない産業ですので、手軽に行うことができるビジネスの一つであります。

フランチャイズの学習塾に加盟したとしても、一般的なフランチャイズの飲食店に比べると比較的安いコストで始めることができます。

そのため、自宅で開いている小規模な学習塾が多く存在していました。

しかし、出生率の低下により少子化が年々進むことで、塾業界全体において、競争が激しくなってきているのです。

競争が激しくなると、大手の学習塾は、いかにコストを安く抑え、いかに質の高いサービスを提供できるかというビジネスのモデルができあがってきます。

このモデルを築いていくために、今業界全体が再編しようとしているのです。

今後もこのように大手の学習塾を中心に業界が動いていくことになるのです。

次は、塾に通う子供を視野に入れて話していきたいと思います。塾に通う子供の数自体は減っているわけではありません。

むしろ、ゆとり教育が導入され、学習時間が減り学力が低下したことで、通塾率は年々上がってきているのです。

そのため、学習塾に対するニーズは高まっていると考えることができます。ニーズは高まっているので、子供一人あたりの教育に支払うお金は増えているのです。

そう考えると、少子化の波は避けることはできませんが、学習塾業界が低下していくということは考えにくくなっています。

それは、学校の授業だけではなく、学習塾での勉強が必要であると考える親が増えているからです。

このように、子供の数が減っていても学習塾業界は伸び続けていくのです。

そうなると、有名な大手の学習塾にとっては生徒の奪い合いとなるでしょう。

どこの学習塾もより良いサービスを提供しようと工夫を凝らし、お金を費やし、様々な方法を使ってくると思います。

そこで問題になるのが、個人で経営している小規模の学習塾です。

大手のような集客力がないため、一層の努力をしなければ経営をしていくことは不可能となります。

結果として、少子化により、小規模の学習塾の存続が危ぶまれと言えるかもしれません。