スポンサードリンク

塾開業で得られる年収について

「塾の開業で得られる年収はどのくらいなのか?」という疑問を抱えている方は多いかもしれません。

いくら塾の開業が簡単で誰でもチャレンジできる事業だとしても、稼げなくて年収が100万円以下になるのならばやりたいとは思わないはずです。

どのような規模の塾を開業するのかによって異なるので一概には説明できませんし、年収100万円程度のオーナーがいれば、1日の平均労働時間が4時間から5時間で800万円以上の年収をたたき出しているオーナーもいらっしゃいます。

しかし、大手のチェーン店ではない限りは個人塾で大成功を収めるのは難しく、開業してから数年間は苦しい状況が続くかもしれないと覚悟しておくべきです。

個人塾を開業してから直ぐに生徒が集まるわけではありませんし、一人や二人しか生徒がいなければテナント料だけかさみ、年収は当然のように低くなります。

この状況が長期間に渡って続けば結果的に廃業を辿らなければならないので、数年後の年収を上げるためにも塾の開業で何が大切なのかきちんと心得ておいた方が良いでしょう。

現代では少子化で子供の数は減っているものの、中学受験の人口は増えておりますし、個人塾の需要はこれからもなくなることはないのです。

そこで、人気の高い個人塾を開業し、成功するにはどのような点に注意しなければならないのか以下を参照してみてください。

 

・生徒一人ひとりに応じた個別指導形態をとる

・家庭での学習を含めて時間を確保して成績を向上させる

・人通りができる限り多い場所で開塾する

・近くに小学校や中学校があるかどうか確認しておく

・生徒がきちんと学習できるように教材を豊富に用意する

 

「駅前に日能研やサピックスなどの大手の学習塾があるから開業しても意味がない」と考えている方は多いはずです。

しかし、ターゲットとする生徒層によっては生徒集めは十分に可能ですし、個人経営の学習塾のニーズはあるので参入する価値は十分にあります。

大手の進学塾では高額な月謝や教材費を支払わなければならないため、上手く料金設定を考えれば成功できるのではないでしょうか。

塾を開業してから1年目は年収が下がって、「このまま続けていて大丈夫なのか?」という不安を抱えるかもしれません。

それでも、ゆっくりと生徒を集めて親御さんのニーズに応えられるような学習塾を経営していれば、開業3年目には500万円、軌道に乗って1,000万円を超えるというケースも珍しくないので、塾の開業を考えている方は努力してみてください。