スポンサードリンク

塾開業のリスクについて

塾を開業するに当たってどの程度のリスクがあるのか、疑問を抱えている方はいらっしゃるかもしれません。

確かに、「開業」「起業」と聞くと大きなことをしなければならないというイメージがあり、塾の開業でもこの点に関しては一緒です。

しかし、塾の開業は仕入れや在庫、売り掛けなどが必要ないため、飲食店を開くのと比べるとリスクがほとんどないと説明できます。

フランチャイズを利用したとしても、コンビニエンスストアを開業するには3,300万円、ハンバーガーショップでは5,050万円ほどの投資額が必要だと言われており、立地の良い場所に店舗を構えなければならないからです。

その点、塾であれば必ずしも駅前に店舗を持たなければならないわけではありませんし、自宅で開業することも十分にできます。

初期投資額が少ないのでリスクはほとんどありませんし、300万円から高くても1,000万円で開業できるからこそ、人気が高まっているのではないでしょうか。

個人の学習塾を利用したいと考える親御さんは今後も増えるはずですし、少子化が懸念されている現代ですが、お子さんの学力を少しでも上げたいという親御さんの気持ちは一緒です。

開業する際にお金がかからないので塾の経営はリスクがほとんどありませんし、小規模でも生徒を獲得できればそれなりの利益を得ることができます。

塾の開業で絶対に必要なのは場所で、高いテナント料を支払わなくても自宅の一室を利用したり、庭先にプレハブを建てたりして経営を行なうことができるのです。

塾の経営はハイリスク・ハイリターンのビジネスモデルではありませんし、「子供に勉強を教えたい」という強い気持ちがあれば誰でもリスクなく始めることができます。

もちろん、生徒を獲得するためには親御さんの信頼を獲得しなければならないため、教員免許は持っておいた方が良いですし、自分が持っていないのであれば生徒に勉強を教える講師を雇うべきです。

「この塾ならば安心して子供を任せられる」と親御さんに思われることが、利益を出して成功させるための秘訣かもしれません。

また、一概には説明することができませんが、フランチャイズで塾を開業するのはできる限り避けた方が良いでしょう。

フランチャイズに加盟しなくても個人の学習塾は開けますし、高い加盟金やロイヤリティーを支払わなければならないデメリットの方が大きいと心得ておくべきです。