スポンサードリンク

塾開業にかかる資金

<フランチャイズに加盟しない場合>

塾開業の方法・届出で説明しましたが、自分の部屋を使用するならば費用を最小限に抑えることができます。フランチャイズに加盟しない場合は、塾を開くための教室さえあれば、他にかかる費用は微々たるものとなっています。例えば、授業をするための机やイス、ホワイトボードが必要になってきます。また、使用する教材の費用がかかります。そして、塾ではコピーをすることが多いので、コピー機かパソコンのプリンタが必要です。言ってしまえばこれだけで十分なのです。全てを多く見積もったとしても15万円以内に抑えることが可能です。そのため、非常に個人が参入しやすい業界となっているのです。折込チラシやダイレクトメールといった宣伝広告費は、相当の費用がかかってしまいます。また、このような個人で経営しようとする塾が、駅前にある大手の塾に敵うはずがありません。そのため、地域密着型の塾を目指すことで、宣伝広告費にお金をかける必要もないのです。しかし、何もしなければ、生徒は集まらないので、塾の周りの家に、チラシをポスティングしたりしましょう。

<フランチャイズに加盟する場合>

フランチャイズに加盟する場合ですと、会社にもよりますが、加盟費、研修費、保証金、教材費といった費用が必要になってきます。その他にも、講師に関する費用や、塾の看板代などがかかってしまいます。また、折込チラシやダイレクトメールといった宣伝広告費もかかってしまうのです。この宣伝広告費が全体の支出の3分の1を占めると考えてください。フランチャイズ会社に加盟するための加盟費には、そこまでの大きな差はありません。だいたい300万円前後と考えてもらって構いません。研修費や保証金にも差はなく、それぞれ50万円前後、30万円前後となっています。会社によって差が出てくる部分が、宣伝広告費・看板代・教材費を足した費用です。少ない会社で300万円前後、450万円前後となっています。これらを合計すると、650万円前後から850万円前後はかかってしまいます。/p>

<塾開業における資金のまとめ>

以上のように、フランチャイズに加盟するか否かで、かかる費用は全く違ってきます。どのような塾を設立したいのかを深く考え、どう経営していくか結論を出しましょう。