スポンサードリンク

塾開業で失敗しないためには

ここでは、塾を開業するにあたり、失敗しないための秘訣について説明したいと思います。

@講師を継続的に集める
A塾を開く場所
B子供に教育を提供することの重要さ
C経営者としての自覚

@は非常に重要です。自宅の一室を使用し、自分一人で生徒に教えていこうとするならば、講師を集める必要はありません。しかし、ある程度、生徒の数が増え、塾が活気付いてきたならば、一人で教えていくことは非常に困難であります。そのため、講師を継続的に集め、育成していく必要があります。良いサービスを提供していくには、良い講師が必要不可欠であります。

Aにおいて、交通が便利な駅前が必ず良いといったことはありません。むしろ、駅前は大手の塾が多くなっているので避けた方が良いでしょう。地域密着型の塾を目指していくのならば、子供が多く住んでいる住宅街でも構いません。しかし、住宅街で周りに競合相手がいないからといって、そこに塾を開設すれば生徒が集まるという簡単な話ではありません。塾に通おうとする生徒は様々な手段を使って塾に行くでしょう。仮に高校生の場合は、電車を使用することが多いため、家から近いというだけでは、通う理由にならないのです。かといって駅前には、大手の競合が存在しています。そのため、塾を開設するには、ある程度の集客力が必要になってきます。

Bも大事です。常に子供により良い教育をしていくことの重要さを忘れてはいけません。教育とはただ勉強を教えていけば良いものではありません。子供が成長していくために必要なモラルやしつけも教えていかなくてはなりません。特に、地域密着型の学習塾には、このような指導が求められます。勉強ができる子供が増えれば良いというわけではないので、注意しましょう。

Cを常に念頭に入れておきましょう。Bに挙げた子供の教育だけではなく、本来の利益を求めるという目的を忘れてはいけません。金銭面で不安があると、少なからず教育にも影響が出てきてしまいます。しっかりと経営者としての自覚を持つことが大切です。