スポンサードリンク

塾開業と屋号について

塾を開業するに当たって屋号を決めなければならず、屋号とは簡単に説明するとお店の名前のことを指します。

お店の名前と屋号が必ずしも一緒でなければならない決まりはなく、塾の開業の場合に別々に設定しても構いません。

しかし、特に拘りを持っていないのならば、自分が開業する塾の名前を屋号に付ければ良いですし、税務署に「個人事業の開業届出・廃業届出」を提出する際に記入します。

とは言え、塾の開業に限った話ではありませんが、屋号は絶対に設定しなければならないという決まりはないのです。

まだ塾の名前が決まっていないのならば「個人事業の開業届出・廃業届出」を提出する際に屋号の欄は空白にしておけば良いですし、途中で変更したいのならば確定申告の屋号欄に記入するだけという簡単な手続きとなっています。

そこで、屋号の付け方で迷っている方のために、どのような基準で決めれば良いのかご説明しているので一度参考にしてみましょう。

 

・個人事業主でも法人でも運営している事業が一目で分かるようなものが好ましい

・あまりにも長すぎるとお客様に伝えにくくなるので注意する

・事業への拘りを出すためにも素敵だと感じる屋号を付ける

 

このような点に注意していれば的確な屋号をつけられるはずですし、自分のお店の名前は今後もずっと使っていくので慎重に決めなければならないのはお分かり頂けるかもしれません。

もちろん、格好だけを気にするのは良くありませんし、本業となる塾の経営を一生懸命に行うべきです。

一昔前から飲食店と比較して初期費用を抑えて開業できるということで、塾の経営は人気の事業の一つとなりました。

しかし、人気が高いということはそれだけライバルも多いことを指しており、個人塾が大手の塾に対抗するためには何かしらの差別化を図らなければならないのです。

一概には説明できませんが、「マンツーマン指導を行う」「月謝を大幅に安くする」「豊富なテキストを取り入れる」「生徒のレベルに合わせた学習を提供する」といった点に拘って経営していれば、サピックスや四谷大塚、早稲田アカデミーといった大手の塾に対抗できます。

子供へと学習する場所を提供して学力をアップするためのサポートを行うという仕事は本当に素晴らしいので、多くの親御さんに喜ばれるような学習塾を経営してみてください。