スポンサードリンク

塾開業と融資について

特別な資格がなく開業できるということで、学習塾を経営しようと考えている人は以前から増えております。

少子化が進んでおりますが、子供の学力を少しでも上げたいと考える親御さんの気持ちは一緒ですし、学習塾の需要がなくなることはありません。

開業の際には想像以上に大きな費用がかかるため自己資金だけでまかなうのは少々難しく、融資を考えている人は多いはずです。

個人経営の小さな学習塾ならばカフェのような飲食店と比較して少ない資金で始められるので、融資が必要ない場合もあります。

それでも、テナント料や内装費、机代や運転資金を考慮すると200万円程度は必要となるため、融資を受けるのは選択肢の一つなのです。

そこで、以下では学習塾の開業で融資を受ける際に、どのような金融機関で借りれば良いのかご説明しているので、一度参照しておいてください。

 

日本政策金融公庫:100%政府出資の金融機関で最もポピュラーで良心的。しかし政府系の金融機関なので審査が厳しい。

制度融資(信用保証協会):各地方自治体が実施している融資斡旋で中小企業や個人事業主へのサポートを行っている。

親族からの贈与:最も安心感があるのが親族からの贈与ですが、贈与税の申告や納税の必要があるので注意。

 

上記のような方法で融資を受けられ、塾の開業にかかる資金を調達できます。

ただし、上記でも説明したように日本政策金融公庫は審査が厳しいため、きちんと事業計画書を作成しなければなりません。

「この人ならば貸しても大丈夫」という印象を植え付けなければお金を借りることはできないので、「どのような学習塾を経営したいのか?」「どのように運営していくのか?」「どのようなコンセプトなのか?」といった点について詳しく記した事業計画書は必須です。

現在では以前と比べて大分落ち着きましたが、それでも学習塾の開業は人気のジャンルとなっております。

とあるアンケートによると、起業を考える人のジャンルのランキングは以下のようになりました。

 

1位:結婚相談などのサポートビジネス

2位:靴やカバンのリペア

3位:ネットショップ

4位:学習塾やスクール

5位:宅配ビジネス

6位:リサイクルや質屋

7位:コインランドリー

8位:弁当屋さん

9位:居酒屋やカフェ

 

上記のように、学習塾の開業は4位に位置しており、人気の業種だとお分かり頂けるはずです。

一昔前と比べてみると、居酒屋やカフェなどの飲食店の人気がなくなっており、業界が飽和状態となっているのが大きな理由かもしれません。

その点、学習塾に関してはまだまだ伸びしろがあるので、勉強を重ねてチャレンジしてみてください。