スポンサードリンク

介護タクシーとは

介護タクシーとは、高齢者の方や何か障害をお持ちの方といったように、介護を必要とする方への移動手段を提供するサービスのことを指します。

私たちがバスや電車といった公共交通機関を利用するのと同様に、どのような場所でも、そしてどのような目的にも利用することができます。

例えば、「病院への通院や送り迎え」「スーパーやデパートへの買い物」「温泉などの旅行」「市役所や銀行への移動」です。

介護タクシーをご利用する方お一人でも利用できますし、そのご家族も利用することができます。

介護タクシーの乗務員は、ご利用者の要望にしっかりとお応えができるように、ホームヘルパー2級以上の資格を有している方が多いので、安心して利用することができるでしょう。

介護タクシーは車椅子に乗ったまま乗り降りができる仕組みとなっており、ご要望があれば、リクライニング式車椅子を使用して、移動をすることができます。

介護保険に対応しているタクシーですと、ご利用される方は10分の1という格安の料金で利用することができるので、些細なことでも介護タクシーを使えるという利便性の高いサービスであると言えるでしょう。

 

介護タクシーの開業について

現在の日本は超高齢化社会と言われており、国民の5人に1人は高齢者です。

そして、数十年後には3人に1人が高齢者になると言われています。

つまり、高齢化社会によって需要がどんどん急増しているのです。

そんな介護タクシーを開業してみてはいかがでしょうか。

介護タクシーの資格は二種免許だけで良いので、誰でも簡単に開業をすることができます。

法人格を有さなくても個人事業主として経営をしていくことができますし、自宅を事務所として使用することができます。

以上のことから、介護タクシーは初期費用を抑えて開業することができるのです。

ただし、介護保険介護タクシーを申請するには法人格を有さなければなりません。

介護保険介護タクシーは気軽に開業できるとは言えませんが、今後の事業の拡大が可能ですし、さらに利用者層を広げられるので、今後の発展を考えている方は、介護保険タクシーを申請するのは良いかもしれません。

介護タクシーは高齢者や障害をお持ちの方をサポートする素晴らしい仕事であると言えます。

「社会に貢献したい」「困っている方の助けとなりたい」と考えている方は、是非介護タクシーを開業してみてください。