スポンサードリンク

介護タクシー開業の実態について

介護タクシーと通常のタクシーの重要は、大きく異なっているというのが今の実態です。

介護タクシーを利用するという方は時間帯が限られており、24時間利用するということはありません。

その点、通常のタクシーであれば24時間需要があり、様々な方が利用することができるので、ドライバーもどんどん増えているというわけです。

現状を見ると介護タクシーの開業よりも通常のタクシードライバーや個人タクシーになる方が良いと思われるかもしれませんが、将来を見据えるのであれば介護タクシーを開業する方が良いかもしれません。

5年10年と経てば現在よりも高齢者は増加し、介護タクシーの存在もだんだんと知れ渡っていくので、需要が増すことは間違いないでしょう。

それに、個人タクシーになるには、かなりの長い年月を要するので、並大抵のことではなることができないのです。

その点、介護タクシーであれば二種免許を持っているだけで良いので、非常に手軽であると言えます。

 

介護タクシーと介護保険介護タクシーの実態について

介護タクシーと介護保険介護タクシーには大きな差があります。

それは、利用者が支払うお金です。介護タクシーは一般的なタクシーと大きく変わりませんが、介護保険介護タクシーであれば介護保険が適用となるので、10分の1の料金で良いのです。

介護タクシーは予約制度を受け付けているので、利用する側も介護保険が適用される介護保険介護タクシーを利用しようとするのが現在の実態です。

保険が適用にならない分、ユーザーの負担となってしまうので、介護保険介護タクシーを選ぶのは仕方がないことであると言えるでしょう。

また、資格を持っていない方は身体に障害がある方の介護をすることができません。

そのため、利用者はヘルパー2級以上の資格を有している介護保険介護タクシーを利用することが多いのです。

ただし、どちらも将来性の高い職業であることには変わりありません。

もし、自分で事業を行っていきたいと考えているのであれば、介護タクシーや介護保険介護タクシーを開業してみてください。