スポンサードリンク

介護タクシー開業と給料について

「介護タクシーを開業して安定した収入は得られるのか?」「介護タクシーの給料はどのくらいなのか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。確かに、近年では高齢化社会の影響により、介護タクシーを開業しようと考える人が増えました。車椅子ごと使用できるタクシーが介護タクシーで、電車やバスなど公共交通機関の利用に不安を抱える方が利用できます。もちろん、高齢者だけではなく足が不自由な方も介護タクシーを利用できますし、快適な生活のために今後も重宝されるのではないでしょうか。介護タクシーとして働くのならば、いくら稼働をしても給料が変わらないところが多く、18万円から20万円程度が相場だと言われております。通常のタクシーと同じように歩合制で支払っているところも多いかもしれませんが、通常のタクシーと比較して利用人口が少ない点が大きなデメリットです。まだ人々の間では「介護タクシー」という言葉が認識されておらず、ドライバーの仕事量はかなり少なくなっております。そのため、定額制にしても歩合制にしても、一般的なタクシーよりも介護タクシーの方が給料が安いというのは仕方ありません。また、個人で介護タクシーを開業したという場合は、収入や給料が補償されないという特徴があり、これは他の事業にも同じことが言えます。例えば、カフェやバーといった飲食店を個人で開業した場合、自分が社長となるので誰かが給料を支払ってくれることはなく、自分の稼ぎがそのまま年収に繋がるという仕組みです。それに、介護タクシーは一人では稼ぎ高に物理的な限界があり、給料や年収を著しく上げるのは非常に難しいと心得ておいた方が良いのではないでしょうか。飲食店のようにお客さんから店舗へと勝手に足を運んでくれることはありませんし、広告やチラシなどで積極的に営業をしなければならないのです。このように聞くと、「介護タクシーの開業や運転手には将来性がないのではないか?」という疑問を抱える方がいらっしゃるかもしれません。大幅に給料が上がるような職種ではないのでその気持ちは大いに分かりますが、在宅で介護が必要な人は年々増えております。それに伴い、介護タクシーの認知度や利用者も徐々に増えてきておりますし、冒頭でも申し上げたように今後欠かせない存在になりうるのです。往診の先生の数が足りずに病院に行かなければならない高齢者は意外と多いので、介護タクシーを開業して人々の役に立とうと考えるのは良いことだと思います。