スポンサードリンク

介護タクシーを開業して得られる年収について

介護タクシーは高齢者の方や、介護を必要とする方が利用するサービスのことを指します。

ご家族は一緒に乗ることができますが、福祉輸送限定ですので一般の方は乗ることができません。

また、利用時間帯がAM9時〜11時やPM3時〜5時といったように限られてくるので、効率良く回さなければ採算を取ることは難しいでしょう。

普通のタクシーのように深夜に利用するといった方はほとんどいないので、大きく売り上げを上げることはできないのです。

従業員の数などによって年収は変わってくると思われますが、一般的には月収で約20万円、年収ですと240万円をもらえれば十分であると言えます。

フランチャイズに加盟するのであれば、もう少し収入を上げることができますが、その分ロイヤリティを支払わなければならないので、そこまで大きくは変わらないでしょう。

介護保険介護タクシーであれば、介護保険からの給付がありますが、介護タクシーにはないので、介護タクシーのみでの経営はかなり大変であると言えます。

このように、年収だけを見れば少ないと思う方がいるかもしれませんが、介護タクシーは人々の助けとなる仕事です。

今後、高齢化社会がどんどん進行するにつれて、介護タクシーを利用する方は増えていくことでしょう。

それに、介護タクシーを必要としている高齢者や障害をお持ちの方はいらっしゃいます。

そういった方を助ける仕事ができるということは、非常に誇り高いことです。

確かに、介護タクシーだけで生活を成り立たせるのは厳しいかもしれませんが、将来のことを考えると今開業して、ノウハウを得ておいた方が良いのではないでしょうか。

事業が拡大し、介護保険介護タクシーをして事業を始めれば、大きな収入を得ることは難しくありません。

タクシー会社は台数を増やせば増やすほど、売り上げが上がる仕組みとなっております。

これは、介護タクシーにも言えることです。

個人で事業を拡大するのは大変なことですが、是非チャレンジしてみてください。