スポンサードリンク

介護タクシーを開業する際に必要な資金について

ここでは、介護タクシーを開業する際に必要な資金について説明していきます。

どのような資金が必要となるのかしっかりと把握しましょう。

 

<車両などにかかる費用>

介護タクシーを開業して事業を行っていく場合、車両にかかる資金は絶対に必要です。

当たり前かもしれませんが、タクシーがなければ介護タクシーを開業することはできないでしょう。

これは、車種によって異なりますが、軽自動車であれば160万円前後、ワゴン車であれば350万円前後であると考えてもらって構いません。

また、二種免許を取得する際にも費用はかかります。

教習所に行って免許を取得するという場合は、大よそ20万円前後かかります。

ヘルパーの資格を取得する際は、10万円前後が必要です。

 

<事務所費用>

もし、自宅を事務所として使用するという場合は、一切費用はかかりません。

この場合、仮眠所や休憩所は自宅の一室を使用してください。

駐車場に関しては、自宅の事務所から直径で2キロメートル以内で設置することができます。

事務所を賃貸で借りるという場合は、その資金が必要となるので注意が必要です。

 

<管理費用>

事務所で使用する電気代やガス代、車両のガソリン代や車椅子やパソコンといった設備費用は必要です。

大よそ20万円前後とみて良いでしょう。

また、領収証や名刺、印鑑といった雑費もかかるので、注意してください。

 

<法人格取得費用>

介護保険介護タクシーを開業するという場合は、個人事業主ではなく法人格が必要となるので、その資金が必要となります。

株式会社であれば16万円前後、合同会社であれば11万円前後で法人格を取得することができます。

 

以上が介護タクシーを開業する際に必要な資金です。

これらの費用を見てもらえば分かる通り、介護タクシーの開業は飲食店の開業と比べると、遥かに安い資金で開業し事業を行っていくことができます。

ただし、人件費や運営していくための資金が必要となるので、初期費用は余裕を持って確保するようにしてください。