スポンサードリンク

介護タクシーの申請について

介護タクシーを開業し、事業を始めるには申請の流れを把握しなければなりません。

そして、その流れに沿って開業のための準備をしていく必要があります。

まず、介護タクシーを開業するには、道路運送法上の許可である一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業)が必要です。

この許可が下りることによって、高齢者や介護を必要とする方に対して、ケア輸送サービスを行うことが可能となります。

一般乗用旅客自動車運送事業の申請の流れは、管轄の陸運支局で受け付けている申請書類を提出し、法令試験を受験します。

そして、提出された書類と法令試験の結果を見て審査が行われ、許可の要件をしっかりと満たしていれば許可が下りるのです。

この期間は大よそ2ヶ月程度であると思ってもらって構いません。

さらに、運賃認可を取得し事業用ナンバーを取得したのであれば、事業を始めることができます。

この介護タクシーでは、タクシー料金やその他のサービス料金といったケア輸送サービスに対する報酬は、ご利用者が全て負担する形となります。

もし、介護タクシーが介護保険法による介護報酬を受けるためには、訪問介護事業者の指定を受けなければなりません。

訪問介護事業者の許可が下りることで、介護保険介護タクシーを開業することができ、介護報酬を貰うことができるのです。

訪問介護事業者の申請は、必要な書類を居住地の市町村に提出し、書類審査が行われます。

そして、幹事市町村にて運営協議会が設置され、輸送サービスの必要性などの審議が行われます。

その後、申請した事業者へ結果が通知され、管轄陸運支局の審査が下りれば、事業を開始することができるのです。

このように、介護保険介護タクシーの場合は、申請する許可が一つ増えます。

それに、介護保険介護タクシーは法人格が必要となるので、最初は個人事業主として事業を行うことができる介護タクシーから始めた方が良いかもしれません。

どちらの介護タクシーで事業を行うかは慎重に決めてください。