スポンサードリンク

フランチャイズ起業のメリット

個人で独立して起業する場合は、何から始めれば良いのか分からない方がいらっしゃると思います。

しかし、フランチャイズ起業であれば、既に効果的な営業ノウハウや合理的なシステムがあるため、事業を始めやすくなっています。

業種にもよりますが、既存の設備を利用できるので、個人で独立するよりもコストを下げられることが多くなっています。

さらに、税務・会計・経営に関する基本的な分野についての指導を受けられるので、起業を経験したことがない人でも簡単に行えるというメリットがあります。

そして、これは起業する業種によって変わってくる場合がありますが、基本的には本部がCMや広告といった宣伝を行うので、オーナーは経営だけに専念することができます。

フランチャイズは既にサービスを展開しているため、知名度が高く、新規顧客を獲得しやすいと言えます。

起業を始めたその日から、消費者に認識があると思ってもらって構いません。

このように、起業した時点でバックグラウンドが揃っているフランチャイズはローリスクで、成功する可能性が高いのです。

フランチャイズ起業のデメリット

フランチャイズ起業の一番のデメリットは、オリジナリティーを出すことができない点です。

フランチャイズの本部から提供されているノウハウに従って経営を進めていくので、個人のアイデアに基づいたサービスを提供することはできません。

そのため、自分の好きなようにやりたい」「独自性を出したい」という方には向いていないと言えます。

また、フランチャイズに加盟することで、ロイヤリティーと呼ばれる権利の使用料や加盟金を支払わなければなりません。

売り上げの全てを独占することはできなくなっているのです。

毎月支払うロイヤリティーはフランチャイズによって変わってきますが、これが高い場合は経営面で圧迫され、精神的に追い詰められる危険性があるので気をつけましょう。

さらに、自分の店舗では全く問題がなくとも、他の店舗で事件が起きた場合、こちらにも被害が及ぶリスクなどもあることを認識しておきましょう。