スポンサードリンク

学生起業のメリット

ここでは、学生起業のメリットについて説明していきます。

まず、起業にはたくさんのアイデアが必要です。

パッとした閃きによってアイデアが浮かぶことがありますが、長い時間をかけて研究して導き出されるアイデアもあります。

これには、十分な時間が必要であると言えるでしょう。

学生は、多くの時間を作ることができるので、ここがメリットであると言えます。

また、学生という若いうちに、起業を経験することで、将来の財産になります。

起業によって学んだビジネスモデルやビジネススキルは、たとえ卒業後にサラリーマンになったとしても、大きなメリットになるでしょう。

そして、学生起業は会社員が脱サラしてする起業よりもリスクが小さいと言えます。

色々な経験をすることができる学生のうちに、新たな一歩を踏み出すことで、自分のスキルアップにつながります。

もし仮に失敗したとしても、将来の選択肢が狭まるわけではありません。

年を重ねてからの起業や、家族を持ってからの起業とは、背負うリスクが違うのです。

学生起業のデメリット

ここでは、学生起業のデメリットについて説明していきます。

いくら時間を作りやすい学生であっても、学業と起業との両立は非常難しいと思われます。

どんなに起業が上手くいったとしても、学業を疎かにしてはいけません。

また、学生は実務経験が少なすぎるというデメリットがあります。

経験不足という点で、学生起業はどうしても不利なのです。

この経験不足に加えて、情報資源が乏しいため、危険を回避するリスクヘッジまで対応がいかないのです。

これが、学生企業の倒産確率を高めていると言えます。

そのため、学生企業の場合は特に、起業について教えてくれるメンターの存在は非常に大事だと考えてください。

 

<まとめ>

学生起業にはいくつかのデメリットがありますが、それを補うぐらいのメリットが存在します。

年齢が若ければ若いほど、新しく何かをスタートする価値があると言えるでしょう。

恐れずに学生のうちに起業を経験してみてください。