スポンサードリンク

たくさんの起業アイデアを出す

起業する人を見ていて思うのは、最初から事業の内容が決まっているケースというのが実は少ないということです。

何かの事業を行うに際して、自分が考えられる全ての起業アイデアを出すことから始めましょう。

些細なことでも構いません。

「知り合いとの会話の中で生まれたアイデア」「今までノートに書き記してきたアイデア」「突然閃いたアイデア」といったように、目標に向かって数々のアイデアを出しましょう。

思いつくアイデアが少なければ少ないほど、成功する可能性は低いと言えます。

まずは自分が行う事業のざっくりとしたテーマを決めて、そこからアイデアを連想させていきましょう。

一つの起業アイデアに固執しない

起業アイデアの中には、入念に下調べをして、そこから導き出されることがあります。

こういったアイデアに固執してしまうと、否定的な意見を聞き入れられなくなってしまいます。

一つのアイデアに力を注ぎ込むことは大事ですが、アイデアを実現させるためには、客観的に見つめる必要性があるのです。

 

<他人のアイデアを参考にして自分のアイデアにする>

他人のアイデアを参考にすることは非常に大事です。

そのアイデアを自分なりの方法で変えて、ブラッシュアップしましょう。

ただ他人のアイデアを否定するだけでは、前に進むことはできません。

また、既存のアイデア、正反対同士のアイデアを組み合わせたり、普通では考えられないアイデアを組み合わせることで、新たな道が開ける可能性があります。

数多くのアイデアを出すために、工夫をすることは非常に大事です。

 

<アイデアの出し方を把握する>

ただ単にアイデアをたくさん出していくことは大事ですが、どのようにアイデアが出るのか把握しましょう。

アイデアは、突然の閃きによって出るものと、数々の情報や資料を集め考えて出すものがあります。良いアイデアを出すためには両方とも重要であると言えます。

特に、突然の閃きによってアイデアを出せるようになれば、右脳の働きが加わることでアイデアの質も量も改善されると言われてます。

右脳を鍛えることは難しいですが、起業するためには感覚が必要です。