スポンサードリンク

飲食店で起業するには?

飲食店で起業するには、営業の許可が必要となります。

これは、食品衛生法による都道府県知事の許可がそれにあたります。

業種によっては、会社を設立し、勝手に事業を始めることはできなくなっているのです。

ここでは、飲食店を営業していくための許可基準について説明していきます。

 

@店舗の中の施設が一定の基準を満たしているかどうか

A食品衛生責任者がきちんと在籍しているかどうか

B営業していく上での欠陥はないかどうか

 

@は、防虫対策といった店舗の設備が十分であるかどうかです。

きちんと機能する換気装置を付け、流水式の手洗いを設置することが必須です。

業種によっては、温度計や湿度計を付けなければいけない場合があります。

Aにおいて、店舗に調理師や栄養士といった資格を有する者が在籍していなければなりません。

Bにおいて、例えば、過去に食品衛生法に違反して処分を受けていたとします。

この執行が終わってから2年以上は経過していないと、新たに飲食店を起業することはできません。

また、食品衛生法の許可が取り消されてしまった場合も、2年以上経過した場合でないと起業することはできないのです。

飲食店で起業する際の注意点

まずは、起業する際の費用についてです。

飲食店であればテナント料・人件費・光熱費・仕入れ代・運転資金といったような項目で費用がかかります。

起業する業種によって違いが生じてしまいますが、上記を合計すると大体1000万円〜1500万円は必要であると言えるでしょう。

気をつけたいのは、飲食店で起業し、最初の月から黒字になるとは限らないということです。

そのため、飲食店を運営していく、運転資金が必要だということも頭に入れておいて下さい。

 

<経営していく上でのリスクを減らすことが大事>

業種にもよりますが、飲食店では数々のリスクが存在します。

具体的には、「仕入れ代のコストが上がった」「仕入れ先が確保できない」「広告宣伝費が高い」「思うように集客できない」「お客さんとのトラブル」といったリスクが考えられます。

このようなリスクを極力潰せるように努力をし、経営を維持し続けることが重要です。

そのためには、飲食店で起業を始める前に、事業計画を想定し、何回も見直してみる必要があると言えます。