スポンサードリンク

起業で失敗した場合

成功を確信して起業しても、起業で失敗してしまう場合というのは当然あります。

絶対に失敗しない起業は存在しないと言って良いでしょう。

しかし、失敗の仕方が重要であると言えます。

取り返しのつかない金額の借金をしてしまったり、自分がブラックリストに載ったりしてしまうと、今後の人生において非常に大きなマイナスとなってしまいます。

これでは、サラリーマンとしてやり直す場合に、支障が出てしまいます。

このような大きな失敗でなければ、失敗したからといって人生が終わりになるわけではありません。

むしろ、起業の失敗経験を生かして新しく起業したり、知り合いに誘われてビジネスを始めたり、昔お付き合いしていた企業に拾われたりと様々な道が残されています。

このように失敗から道が開ける場合もありますから、起業についてポジティブに考えていきましょう。

失敗を推奨するわけではまったくありませんが、失敗を恐れていては起業なんてできないのですから。

起業で失敗しないためには?

「起業・開業して自分が考えている事業をやりたいけど、失敗するのが怖い」という方は、かなり多いと思われます。

この気持ちは十分に分かります。

どんなに入念に事業を考えていたとしても、人間ですから失敗の影はちらついてしまうでしょう。

しかし、失敗と一言でいっても、解釈の仕方は人によって違うと思います。

起業や開業した方に限らず、安定と思われているサラリーマンの方にだって常に失敗の影はちらついています。

サラリーマンには、リストラをされてクビになるという失敗や会社から評価されずに出世できない失敗などがあるのです。

人間として生きていくには、常にリスクは付き物です。

しかし、一度失敗を経験したからといって、全てが終わりになるわけではありません。

むしろ、次への挑戦の第一歩になると思います。

ここで重要なのは、価値のある失敗をして、次につなげるということです。

これは、挑戦した人にしか分からない経験ですから、決してマイナスになるとは限らないのです。

以上のことから、失敗を恐れて行動を起こさないことが失敗であると言えます。

起業で失敗しないためには、常にチャレンジする気持ちを持ち、失敗を失敗と思わないことが大事なのではないでしょうか。