スポンサードリンク

起業した方に金融機関が融資を行う判断基準

まず、起業して融資を受けるためには、金融機関が融資を行う際の判断基準について知っておかなくてはなりません。

金融期間の見方は、2通りあります。

 

@定量分析

A定性分析

 

@は、今までの業績や決算書などから客観的に判断する見方です。

Aは、オーナーの人格やビジネスの力量で判断する見方です。

現在では、Aの定性分析を行っている金融機関が多いと言えます。

しかし、現実的に起業したばかりの人がお金を借りることは難しいでしょう。

どんなにビジネスの内容が濃かったとしても、金融側にはリスクが存在します。

そのため、実績の乏しい起業直後は中々借りられない可能性があります。

起業して融資を受けるためには、具体的な資金計画を

起業して融資を受けるためには、具体的な資金計画を掲示しましょう。

特に起業したばかりの段階では、今までの業績は全くないわけですから、金融機関としては今後の計画を知る必要があります。

そこで、今後どのような経営の計画を立てていくのかといった詳しい経営計画書や、事業に懸ける熱意を伝えることが非常に重要です。

その際に、一つの金融機関から調達するのではなく、複数の金融機関に分けて調達することは、有効であると言えます。

また、金融機関が一番重視している点は、融資した資金がきちんと返ってくるかどうかです。

そこで、経営革新計画が必要になってきます。

経営革新計画とは、国が行っている経営サポートの1つで、事業計画書を作り、役所に申請して認められることで、公的支援を受けることができるようになるシステムのことを指します。

ここに事業で得る売り上げ計画と、返済に回せる資金をしっかりと記入し、確実に返せるということをアピールしましょう。

相手の信頼を得ることで、融資を受けられる確率は格段に上がります。

 

<資金調達をする前に>

初めから資金調達をすることは、あまりおすすめできません。

まずは、起業して自分が行う事業に関しての経験を積むこと、事業に対する努力を絶やさないことを心掛けて頂きたいです。

資金はたくさんあればあるほど良いと言えますが、借金は少なければ少ないほど良いわけですから、極力融資を行わないで事業を進めていくことも大切です。

はじめのうちなどは、どうしても困った場合にのみ融資を利用するようにしましょう。