個人事業の確定申告について

確定申告とは、一年間(1月1日〜12月31日)の所得と、その所得に対する所得税の金額を税務署に申告する手続きのことを指します。原則として翌年の2月16日〜3月15日までが確定申告期間となります。

個人事業を営んでいる場合には会社勤めをしている場合とは違い、所得税が源泉徴収されたり、年末調整によって税金の過不足を調整されたりすることがありません。そのため毎年、確定申告をする必要があります。

個人事業を営んでいる場合には、「個人事業の開廃業等届出書」を税務署に提出をしています。この「個人事業の開廃業等届出書」を提出している場合、個人事業から得た所得は、事業所得として申告することになります。(不動産の貸付けや山林譲渡による所得は、原則不動産所得や山林所得として取り扱われます。)

スポンサードリンク

個人事業者が確定申告を行ううえでの注意点に、売り上げ時期についての誤解が挙げられます。事業所得の金額を計算するときは、一年間(1月1日〜12月31日)に生じた収入金額をすべて計上しなければなりません。この収入金額ですが、入金された時点ではなく、入金が確定した時点で計上しなければならないので、注意が必要です。(帳簿上では、売掛金・買掛金が発生することになります。)