個人事業の経理をスムーズにする3つの心がけ

個人事業の経理における一番のポイントは、事業におけるお金の流れと私生活におけるお金の流れを明確にすることです。そのため個人事業を開始する場合には、まずは個人事業用に新たな銀行口座を開設しましょう。日々の売上など事業に対する入出金は個人事業用の口座で、私的な入出金は個人用の銀行口座で行うことで、事業と私生活のお金の流れときちんと分けることができます。

個人事業の経理に関連して、「家事関連費」というものについて解説をしておきます。例えば、私生活用のお金から事業に使用するものを購入した場合や、事業の売上から私生活用のものを購入した場合、経理上「事業主貸」「事業主借」という勘定科目で、お金の貸し借りを記録します。(※ただし青色申告をする場合のみ)この「事業主貸」「事業主借」という勘定科目は、個人事業の経理ならではの科目です。

個人事業主の場合には、事業主である自分に給料を支払うという考え方ではありません。売上から仕入れ(必要経費)を引いた残りが利益(所得)となります。ということは、その所得の中で、個人としての生活をすることになります。この生活にかかる費用を「事業主貸」といいます。それとは反対に、事業に必要な資金を事業主から借りる場合も多々あります。事業による利益がない場合の、初期投資を預貯金がら捻出する場合などです。このように事業主から事業に出資した費用を「事業主借」といいます。事業主貸と事業主借は、年末又は翌年初に相殺して差額を元入金に振替えます。

そのほかにも、個人事業の経理を行ううえでのポイントをいくつか挙げておきますので、普段から心がけるようにしましょう。

スポンサードリンク

<個人事業の経理におけるポイント1>

 ・個人事業に使った経費の領収書を保管しておく

個人事業に使った経費の領収書(交通費や、交際費、各種の会費)や、取引先からの請求書などはきちんと保管する習慣をつけましょう。当然のことながら、事業での売上の証明となる請求書や領収書の控えも、保管します。

<個人事業の経理におけるポイント2>

 ・現金管理をする

個人事業の経理においては、現金の流れを記録しましょう。帳簿やエクセルの表などでもかまいませんし、最近ではフリーソフトでも現金管理に便利なものがたくさんあります。最低限「日付、支払先、支払金額、受取先、受取金額、残高」の項目別に現金の管理をします。

<個人事業の経理におけるポイント3>

 ・個人事業用通帳の取引内容を把握する

個人事業用と個人用(私生活用)の通帳を別管理するのは先ほど述べたとおりですが、個人事業用の通帳の取引内容が分かるようにしておきます。通帳に直接取引内容を書いてしまっても良いですし、通帳とは別に一覧表を作って内容を記載しておいてもかまいません。

これらの個人事業の経理における事前の対策をしておけば、いざ確定申告の時期になってあわてることはだいぶ少なくなります。