スポンサードリンク

ネイルサロン開業と美容師免許について

ネイルサロンを開業するに当たり、ネイリストになるために特別な資格を取得しなければならない決まりはないので、誰でも始めることができます。

ネイルやメイクといったものは、人の身体の表面に触れて施術を行う安全なものなので、特別な資格が必要ないというわけです。

とは言え、ネイリストになってネイルサロンを開業し、経営を行っていくためには確かな技術と知識が欠かせないので、美容師免許は持っておいた方が良いかもしれません。

美容師免許と聞くと、「髪の毛をカットする美容師さんが取得する国家資格なのではないか?」という考えるかもしれませんが、髪の毛を切る実技だけではなく、美容保険や衛生管理、物理や化学といった学科も存在します。

ネイルサロンでの施術は、身体の表面とは言っても、お客様の身体に直接触れることになるので、衛生管理に関する知識は必要不可欠です。

美容師免許を持っているだけで、持っていないネイリストを比べて大きなアドバンテージになることは間違いなく、マイナスになることはないでしょう。

美容師免許は国家資格なので簡単に取得できるものではないですし、独学での勉強は難しいため、スクールに通って取得するのが一般的となっております。

つまり、ネイルサロンを開業する時期は遅くなってしまうのですが、少しでも成功する確率を上げ、多くのお客様に喜んでもらいたいと考えているのであれば、「ネイルサロンの開業は資格が要らない」と喜ぶのではなく、努力をして美容師免許を取得するべきです。

下手な施術をお客さんに行って可愛いネイルが数日で取れてしまっては意味がありませんし、クレームだらけになってあなたのネイルサロンの評判は確実に下がるので、確かな技術と知識は絶対に欠かせない要素の一つかもしれません。

また、美容師免許だけではなく、ネイルサロンに就職するための技能検定試験を取得する方が多く、基本的なネイルケアの仕方からトラブル関連の知識を身に付けることができます。

開業関連の知識をここで得ることはできず、経営戦略などは学べないものの、技術や知識が伴っていなければ全く意味がないので、まずはネイリスト技能検定試験に受かることが最低条件です。

ネイルサロンやエステサロンを開業したいという方を対象としたスクールや通信講座も現在では豊富で、能力アップを図るために積極的に利用した方が良いでしょう。

それに、まだネイルサロンを開業する資金が貯まっていないという方は、ネイリスト技能検定試験に受かった後に別のネイルサロンに就職し、そこで確かなスキルアップを経てから開業を試みてください。