スポンサードリンク

ネイルサロン開業とフランチャイズについて

堅調にネイルサロン業界は市場拡大が続いており、現代では女性の約4割が利用していることもあり、市場の緩やかな拡大は今後も続いていきますし、開業しようと試みる方も増え続けると予想されます。

しかし、ネイルサロン業界の中でも利益を出して顧客を獲得できる勝ち組と、売り上げが上がらずに廃業を余儀なくされる負け組の差が顕著になっており、個人経営のお店は特に大幅な利益アップが難しいということで、フランチャイズに加入するのは一つの選択肢です。

フランチャイズとは事業展開の一つの方式となっており、本部が加盟店と契約を行い、ビジネスモデルや資材を提供する変わりに、加盟店が加盟金や月々の売り上げの一部であるロイヤリティを支払うという仕組みになっております。

本部の事業者は直営店の名前を貸したりサポートを行う義務がある変わりに、加盟店であるフランチャイジーから加盟金やロイヤリティを貰い受けるというわけです。

ネイルサロンの開業は、その他のビジネスと比べて利益率が高いものの、参入する企業が増えて個人経営のお店では歯が立たないことも十分にあり得るので、フランチャイズに加入するのは良いかもしれません。

フランチャイズに加入すれば、月々の利益の一部を支払わなければならないものの、大手のネイルサロンの名前を借りられるので、開業してから直ぐに顧客を獲得できるというメリットがあります。

しかも、流行るネイルサロンを経営していくための、研修ノウハウや運営ノウハウも同時に手に入れられるということで、失敗のリスクを回避できるというわけです。

実際に、ネイルサロンに限った話ではなく、ファーストフード店やラーメン店など、私たちの身の回りにはフランチャイズの契約を行った店舗が幾つも存在しており、不動産業も手を出しております。

その最も良い例がコンビニエンスストアで、フランチャイズの方式によって全国に展開し、セブンイレブンやファミリーマートは人々の間で確実に認識されるようになりました。

事業者は少ない資金で事業拡大を図れるというメリットがありますし、事業経験がない人にとっては開業までのプロセスや運営の仕方などを教えてもらえるので、双方にメリットがあるのです。

いくら少ない資金でネイルサロンを開業できるとは言っても、何も経験がない方が始めて成功する確率は低いので、フランチャイズ契約を行うのも選択肢の一つとして頭に入れておいた方が良いでしょう。

ただし、ネイルサロンの開業に限らず、「高い加盟金やロイヤリティを支払わなければならない」「本部の趣向に沿って経営していかなければならない」「チェーン内で不良店が出ると自分のお店にも悪影響が生じる」「契約を解除した後の実績を次に生かせない」というデメリットがあるので注意してください。