スポンサードリンク

未経験でネイルサロンを開業できるの?

「未経験でネイルサロンを開業できるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

確かに、女性の方で有名なネイルサロンで施術を受け、満足のいく仕上がりになり、「私もお客様により良いサービスを提供したい」と夢見る方は多いはずです。

基本的にネイルサロンを開業するに当たって必要な資格はなく、公的な許可を取らなければならないという義務もないため、未経験の方でも参入できる業界だというのは間違いないと説明できます。

実際にネイルアートが未経験の方でネイルサロンを開業した方は少なからずいらっしゃるはずですし、不可能というわけではありません。

しかし、未経験の状態でネイルサロンを開業するのは危険で、顧客を獲得できずに廃業に追い込まれる可能性が高いということを頭に入れておくべきです。

確かに、オーナーである自分にネイルアートの経験がなかったとしても、優秀なネイリストを数人雇えば良いと目論んでいる方はいらっしゃいますが、募集をかけても簡単に集まらないのが現状となっております。

ましてや、有名なフランチャイズのネイルサロンの新規オープンであればまだしも、個人経営の新しいネイルサロンで働こうと考える物好きの女性は少ないのです。

つまり、個人経営のネイルサロンを開業する場合は、自分の技術力で勝負しなければならず、未経験の状態では厳しいと心得ておいた方が良いでしょう。

未経験者はスクールに通ってネイリスト技能検定試験や美容師免許といった役立つ資格を取得し、実際に他のネイルサロンで働いて経験を積むのが適しております。

働いている期間が長ければ長いほど、開業するまでに時間がかかってしまいますが、焦って始めたところで良い結果が待っているわけではありませんし、ゆっくりとスキルアップを図ってからチャレンジした方が結果的に成功する確率を上げられるはずです。

それに、飲食店と比べると少ない資金で始められるのがネイルサロンの開業ですが、どんなに低く見積もっても運転資金を含めて100万円はあった方が良いので、資金調達という意味も込めてネイルサロンでアルバイトをしながらスクールに通って資格を取得するのがベストだと言えます。

ネイルサロンでアルバイトを行えば、経営戦略なども盗むことができるかもしれないので、未経験の状態で開業するのではなく、正しい技術と知識を得てからネイルサロンの経営を始めるようにしてください。