スポンサードリンク

ネイルサロン開業に必要な資格について

ネイルサロンを開業したいと考えている方は、「果たしてどのような資格が必要なのだろうか?」という疑問を抱えるはずです。

しかし、美容の分野においての国家資格は理容師資格と美容師資格の二つで、ネイリストになるための資格は現在では存在しておりません。

つまり、ネイルサロンを開業するための資格や技術は特に必要なく、言ってしまえば「今日から私はネイリストです」と宣言しても問題はないというわけです。

必ずしもネイリストとして仕事を行っていく上での資格は必要ないので、女性の方でネイルサロンの開業を始めようとしている方が増えている可能性はあります。

それでも、ネイルサロンを開いてそれなりの収益を得ようと考えているのであれば、技術の積み上げは必要不可欠で、専門的な知識と経験によってより良いサービスをお客様に提供しなければ絶対に流行ることはないのです。

大したネイリストとしての資格がないのにも関わらず、お客さんに施術を施しても喜ばれるはずはないですし、リピーターになってくれないことは間違いないので、ネイルサロンを開業しても直ぐに潰れてしまいます。

ネイルアートは肌に直接触れる施術なので、最低限の保健衛生の知識は持ち合わせておいた方が良いでしょう。

そこで、ネイルサロンを開業するための資格はないとしても、自分で独立してお店を開きたいのであれば、美容師資格を取るためにスクールなどに通って勉強をすることをおすすめします。

美容師資格は何も髪の毛を切るための技術だけではなく、衛生管理や美容保険、化学といった試験もあり、この資格を取得していない方と比べると大きなアドバンテージになるのです。

例えば、ネイルサロンに通うためにホームページなどで店舗を探し、多くのお客さんは何も資格を持っていないネイリストが在籍しているところよりも、美容師資格を持ったネイリストが在籍しているところを選ぶのは間違いありません。

また、国家資格はなくてもネイリストの基礎を学んでいく過程のネイリスト技能検定試験は存在しており、3級から1級まで存在しております。

民間の認定試験であるネイリスト技能検定試験を受ければ、ネイルケアの方法や爪の構造、引き起こされるトラブルなどについて一から学ぶことができるのです。

ネイルサロンの開業は、商売として技術を与える仕事なので、いくら資格なしで始められるとは言っても、流行るサロンを経営していきたいのであれば、スクールや通信講座で勉強してネイリスト技能検定試験を受けてみてください。