スポンサードリンク

ネイルサロン開業に必要な資金について

独立を目指しているネイリストさんは意外と多く、「自分のネイルサロンを開業するにはどの程度の資金がかかるの?」という疑問を抱えているかもしれません。

ネイルサロン開業にかかる資金は、どの規模の店舗にするかによって異なるものの、他の業種と比べると比較的開業資金に負担をかけずに始めることができます。

カフェや洋食屋といった飲食店の開業は多大な資金がかかるというイメージがあるかもしれませんが、ネイルサロンの場合は初期費用を抑えられるため、気軽にチャレンジできるというメリットがあるのです。

上手に開業して経営を行っていけば、大手のようなネイルサロンまでとは言わなくても、そこそこの利益を出して他の場所に店舗を展開していくこともできます。

もちろん、初期費用をかけずに済むと言っても、準備する資金なしでネイルサロンを開業するのは100%不可能で、ある程度の貯蓄がなければ始められないということを頭に入れておきましょう。

しかし、全てを自己資金でまかなうのではなく、「自己資金+借入金」でネイルサロンの開業を始める方が多く、金融会社から借り入れる形となっております。

飲食店の開業よりも安い資金で始められるとは言っても、店舗を借りてネイルサロンを経営していくのであれば100万円単位のお金は必要で、駅前の目立つテナントを借りたいのであれば最低でも300万円は用意しておいた方が良いのです。

これだけの資金を自分の貯蓄だけでまかなえるという方は意外と少ないはずなので、ネイルサロンの開業で足りない資金を金融機関から借り入れて始めていきます。

ただし、「全ての費用を金融機関から借りよう」というのは考えが甘く、全ての資金を出してくれるところは一つもないので、自己資金は全ての開業資金の約3割〜5割程度は用意しておかなければなりません。

そして、金融機関も何の考えもなしにお金を貸してくれるというわけではなく、「この人には貸しても大丈夫」と判断されなければならないので、自分がどのようなネイルサロンを開業して経営を行っていきたいのか、きちんと事業計画書を作成するべきです。

「なぜネイルサロンを始めるのか?」「どんな場所に設立したいのか?」「いつ頃から始めるのか?」「どんなメニューをお客様に提供するのか?」「どんな客層をターゲットにするのか?」というサロンのスタイルなどを記載した事業計画書を作り、念入りな計画に沿って開業しようとしているという誠意を見せる必要があります。

もし、借り入れができてネイルサロンを開業できても、全て返済するまではほとんど儲けがなく、苦しい状態が続く可能性も十分にあるのです。

全ての方が成功するわけではありませんが、綺麗な店舗でお客様が安心してネイルの施術を受けられる場所を提供すれば、少しずつ流行っていくはずなので努力してみてください。