スポンサードリンク

ネイルサロン開業と融資について

ネイルサロンを開業するに当たり、全ての費用を自己資金でまかなうのは厳しいかもしれないので、そのような場合は金融機関から融資を受ける形となります。

いちいち説明する必要はないかもしれませんが、融資とは金融機関などからお金を借り入れることを指し、元々持っていた自己資金と合わせてネイルサロンの開業に当てるというわけです。

ネイルサロンの開業は、飲食店のように大きな資金はかからないものの、駅前といった立地の良い場所にテナントを借りるのであれば相応のお金を用意しなければなりませんし、場合によっては300万円程度かかるかもしれません。

その資金を貯まるまで待っていては直ぐにネイルサロンを経営できないということで、金融機関から融資を受けて、開業するのが一般的だと説明できます。

「そんな簡単に莫大な資金を調達できないのではないか?」と考えている方はいらっしゃいますが、政府や自治体は新しい製品やサービスがもっとたくさん生まれて欲しいと考えているため、不可能な話ではないのです。

これはネイルサロンに限った話ではないものの、現実的に一部の富裕層を除いて自己資金だけで開業を行うのは難しいので、自ら事業を始めようとしている方が金融機関の助けを借りることは十分に可能となっております。

とは言え、いくら審査の甘い金融機関だったとしても、儲かる見込みのないエステサロンやネイルサロンにお金を貸すわけがないので、開業融資の成功率は約20%と非常に低い数値となっているのです。

平均的に見て、新しくサロンを開業しようと考えている方の、5人に1人しか融資を受けられないということで、残りの4人は必然的に開業資金が足りず、諦めるか別の道に進むかの選択となります。

そこで、開業資金を少しでも集めやすくするために、融資を受ける前に事業計画書を作成するのが最低条件で、これがなければ審査に通らないと言っても過言ではありません。

今後のプランが全く決まっていなかったり、運営の仕方が定まっていないのにも関わらず、「では頑張ってください」とお金を貸すところが存在しないことぐらいは普通の人であれば分かるはずです。

自分が行っていく事業の内容や取り扱う商品やサービス、収支の予算などを細かく記載したビジネスのプラン書が事業計画書で、どのような事業にしたいのか簡潔にまとめた書類とも言えます。

基本的に目標やコンセプトを見失わないように、自分自身のために作るのが事業計画書なのですが、国民生活金融公庫といった場所で開業資金を融資してもらうのであれば、絶対に提出しなければならないのです。

ネイルサロンの開業に関わらず、事業計画書の出来栄えにより審査の有無が決まるケースも少なくないため、マーケティングのコンサルタントが参加しているようなサービスで作成支援を行ってもらうのも選択肢の一つだと言えるでしょう。