スポンサードリンク

ネットショップ開業サービスを比較しよう

ネットショップを開業するという場合は、大手のショッピングモールに出店すると「ショッピングモール型ネットショップ」と、自分が用意したドメインで独自にネットショップを開業する「ASP型独自ネットショップ」の2つに分けることができます。

「ショッピングモール型ネットショップ」のメリットは、集客をショッピングモールが担ってくれるという点です。

ただし、運営にはコストがかかり、売り上げの一部を支払うロイヤリティが発生するデメリットがあります。

「ASP型独自ネットショップ」は運営するためのコストが安い代わりに、自分で集客を行わなければならないのです。

 

ショッピングモール型ネットショップを比較しよう

ここでは、大手のショッピングモール型ネットショップである、「楽天市場」と「ヤフーショッピング」を比較していきたいと思います。

まずは、それぞれのショッピングモールの特徴を記載します。

 

「楽天市場」

・初期費用は60,000円

・1ヶ月の手数料は、19,500円〜100,000円

・集客率ではナンバーワン

・お客さんの購買意欲が高い

・競合が多い

・メルマガやキャンペーンを積極的に利用しているので、リピート率が高い

・売り上げが作りやすい

 

「ヤフーショッピング」

・初期費用は20,000円

・1ヶ月の手数料は、19,800〜49,800円

・集客面が楽天市場よりも優れない

・ロイヤリティが低い

・シンプルにネットショップを運営していきたい人向け

・売り上げが多少作りづらい

 

「楽天市場」と「ヤフーショッピング」の特徴は以上のようになっております。

全体的に見ると、「ヤフーショッピング」の方がコストを抑えてネットショップを開業することができます。

売り上げの一部を支払うロイヤリティも低いですし、初心者の方は「ヤフーショッピング」の方が良いかもしれません。

一方で「楽天市場」は初期費用や手数料はお高くなっていますが、集客力がずば抜けています。

その点、競合も強くなっていますが、販売する商品に自身があるのであれば「楽天市場」がおすすめです。