スポンサードリンク

ネットショップ開業と税金について

ネットショップを開業して運営していくに当たり、必ずしも開業届を出す必要はありません。

ネットショップは自分のホームページがウェブ上で公開された時から営業が始まるわけですが、1年間の所得が20万円を超えさえしなければ、開業届を出さなくても良いのです。

それは、20万円を超えなければ、確定申告をして税金を支払う必要がないからです。

しかし、所得が20万円を超えたという場合は、税務署へ行って確定申告をしなければなりません。

ここで言う所得とは売り上げ金額ではなく、売り上げ金額からネットショップを運営していくために使用した経費を差し引いた額のことを指します。

ただし、税務署からしてみれば、経費でいくら使ったのか分かるはずがないので、20万円を超えたら確定申告をしなければならないと考えてもらって構いません。

ネットショップを開業してすぐに売り上げが20万円を超えるという方はあまりいらっしゃらないので、すぐに開業届を出す必要はないのですが、後々のことを考えると個人事業主として開業届を出した方が良いと言えるでしょう。

それは、ネットショップを運営していく際に使用したサーバー代・ソフト代・ショッピングモールでの運営代などを経費として計上できるからです。

また、ネットショップを経営している方の多くは自宅で行っていると思われるので、自宅の家賃の一部も経費として計上できます(日常生活で使用している時もあるので、割合を考えて按分しなければならない)。

どちらにしろ売り上げが増えてきたのであれば、税金を支払わなければならないので、事業で使用した経費を計上して無駄な支出を避けた方が良いと言えるでしょう。

事業で使用した代金を経費として認められるには、領収書やレシートが必要不可欠です。

そのため、些細なものでも事業で使用したものであれば経費として計上できるので、日ごろから領収書やレシートを貰うクセを付けてください。