スポンサードリンク

パソコン教室開業を自宅で行おう

パソコン教室の開業は低リスクで行えると言われており、これは自宅を使って経営できるというのが大きな理由です。

カフェといった飲食店の開業を行う場合、店舗の広さを考えて自宅では厳しいことが多いですし、立地条件が悪ければお客さんは訪れません。

その点、地域主体のパソコン教室であれば、何も立地の良い駅前に建設する必要はなく、住宅街でも十分過ぎますし、自宅で空いている部屋があるのならばその一室を使って開業することも可能となっております。

実際に、全国では自宅をちょこっと改造してパソコンを3台ほど用意し、パソコン教室を開業しているオーナーの方は意外と多く、ある程度の広さがあれば1対1のマンツーマンレッスンだけではなく、複数の生徒を相手にするグループレッスンもできるはずです。

駅前の大手のチェーン店のように、大きな看板を出して宣伝することはできないものの、物件を取得する際のテナント料や敷金、礼金といった費用が必要ないというところが自宅でパソコン教室を開業するメリットだと言えるでしょう。

FCに加盟しなければ、加盟金やロイヤリティを毎月のように支払う必要はなく、電気代や教材費といった経費を支払えば良いだけなので、まさにローリスクというわけです。

もちろん、上記でも説明したように、自宅でパソコン教室を開業する場合は、多くの席数を確保するのは難しいので、大きな売り上げが見込めないというデメリットもあります。

しかし、初期費用を抑えられるというメリットが実に大きいですし、大きな売り上げが見込めないというデメリットをカバーしてくれることは間違いないです。

リスクを小さく持てば、パソコン教室の運営に精が出せますし、毎月10万円から30万円程度の売り上げがあれば、自宅での開業であれば経営していけますし、集客において苦労することはほとんどありません。

開業前にある程度のマーケティングの知識を得ていなければならないものの、自宅で開業すればお金の心配をする必要はなく、パソコン教室の経営だけに専念できるというわけです。

定年後にパソコン教室を開業したいという高齢者の方や、暇な時間を持て余した主婦でも、自宅でパソコン教室を開くのはさほど難しいことではないと説明できます。

開業すればみるみるうちに生徒が集まるという甘い商売ではありませんが、自宅でパソコン教室を開けるというのは紛れもない事実なので、興味がある方は少しずつ勉強してみてください。