スポンサードリンク

パソコン教室開業と教材について

パソコン教室を開業するに当たり、立地条件やターゲットとなる客層を決めるだけではなく、どのような教材を仕入れるのかも重要な項目の一つとなっております。

パソコンに関して分からない初心者に対して、手取り足取り教えなければならないため、自分のスキルだけではなく、最良の教材を取り入れなければならないということはお分かり頂けるはずです。

とある専門家の中には、パソコン教室を開業して運営していくに当たり、教材が核になると説いている方もおり、教材の種類だけではなく将来性もきちんと考慮しなければなりません。

現在のパソコン教室の多くは、複数の生徒を集めて一斉にレッスンを行う形式ではなく、個別形式のレッスンが主流となっております。

これは、個人経営のパソコン教室で、いきなり大勢の生徒を集めることはできず、最初は少人数から始まることが大きな要因なのではないでしょうか。

ある程度経営が軌道に乗ってきたのであれば、複数の生徒にレッスンを教える形式も取り入れた方が良いですが、最初は1対1のマンツーマン形式が主流となるはずなので、一人ひとりの要望に応えられるような教材が必要不可欠というわけです。

パソコン教室で推奨される教材としては、WordやExcel、PowerPointといったOffice関連のテキストが挙げられ、基本的な授業の進め方に関してもきちんと考慮しておく必要があります。

もちろん、中高年の方や高齢者をターゲットにするのであれば、最初からOffice関連の教材で教えても、何が何やらサッパリという可能性もあるため、パソコンの起動方法といった初歩的な教材も同時に取り入れておくべきです。

ターゲットの客層を幅広くするのであれば、グラフィックやCAD(computer aided design)、プログラミングや動画編集といった講座も用意しておくことで、他のパソコン教室との差別化に繋がることは間違いありません。

どのような形態のパソコン教室を運営していくにしても、教材の種類や質は物凄く大事なので、あらかじめどういったテキストを取り入れれば良いのか考えておく必要があります。

パソコン教室経営者のための組合である「一般社団法人日本パソコン教室経営者連合会」では、これから開業を考えている方に向けたセミナーを行っており、お試しで教材を利用できるサービスが実施されているのです。

「どのようなパソコン教室を開業すれば良いのか分からない」「運営方法が分からない」「顧客の集め方が分からない」という方も、こちらの開業研修を一度受けてみてください。