スポンサードリンク

パソコン教室開業に必要な資格について

パソコン教室は低リスクで開業できるだけではなく、特別な資格が必要ないというメリットがあります。

例えば、飲食店の開業であれば食品衛生責任者や調理師免許の資格が必要で、取得するのはそこまで難しくないとしても面倒なのは間違いないです。

その点、パソコン教室の開業の場合は、「パソコン検定○○級」といった資格はありませんし、サラリーマンの方でも主婦の方でも始めることができます。

FCにも加盟せずに格安の費用でパソコン教室を開業し、その後に特別な資格を取得せずに成功しているという方はいらっしゃいますし、稼ぐのが難しい業界というわけではないのです。

若者の場合は、自分で本を読んで勉強したりインターネットで調べたりと、誰かに頼らなくてもパソコンに関する知識を身に付けることができます。

現在では小学校からパソコンに関する授業が行われており、幼い頃からパソコンと触れ合っていれば、だんだんと知識を身に付けていくことができるはずです。

その点、シニア世代や中高年世代の方にとっては、まだまだ取っ付き難い部分があるため、気軽に足を運べるようなパソコン教室が求められているのではないでしょうか。

このようなパソコン教室の場合、先生のスキルはそこまで高い必要はなく、MOSの資格やIT関係に勤務していたという経歴は特に必要がないのです。

もちろん、パソコンについてあまり詳しくないような人間が、高齢者の方にパソコンに関して教えられるはずがないので、ある程度の知識は持っていなければ教えることはできません。

それでも、特別な資格を持たずに開業へと一歩ずつ進んでいくことができますし、高い費用が掛からないということで、脱サラして独立したいと考えている方に適した業界だと説明できます。

とは言え、現代では「初心者がパソコンに関する資格を取得するまで」というスタイルのパソコン教室は淘汰されつつあり、需要と供給のバランスが取れていないことは事実です。

確かに、windows98が登場した頃は、パソコンブームの真っ最中だったので、駅前に資格を取得するためのパソコン教室が次々と開業し、立地条件が良ければどの教室も生徒で溢れかえっておりました。

しかし、時間が経過するにつれてパソコンブームは過ぎて、資格取得を目指すような人は減り、現代では堅苦しいパソコン教室ではなく、分からないことがあれば直ぐに聞きに行ける高齢者をターゲットにした教室が求められているのです。

親しみのあるパソコン教室の方が、高齢者といったシニア世代から支持されるはずですし、パソコンがなくならないのであれば今後も需要はたくさんあります。

ノーリスクでパソコン教室を開業できるというわけではありませんが、アットホームな教室を作るために努力してみてください。