スポンサードリンク

パソコン教室開業に必要な手続きについて

「パソコン教室開業にはどのような手続きが必要なの?」という疑問を抱えている方がいらっしゃいます。

確かに、パソコン教室に限らず、初めて独立して事業を行っていくに当たって、どのような手続きが必要なのか把握しておかなければ次のステップには進めないはずです。

パソコン教室に関しては、特別な資格を持たなくても開業できるため、基本的に個人事業主の開業届けを税務署に提出するだけとなっております。

法人として開業するのは一つの選択肢ですが、事業を始めていきなり成功するとは限りませんし、それなりのリスクが生じるので、大きな資本金が必要のない個人事業主の方が良いのではないでしょうか。

個人事業主として開業したとしても、事業が軌道に乗れば途中で法人成りすれば良い話なので、リスクを回避するためにはこの方法が一番というわけです。

個人事業主の開業の手続きは、全て税務署で行われており、下記に記載した内容が最低限必要なものとなっております。

 

個人事業の開廃業等届出書・・・・開業日から1ヶ月以内に提出し、国税庁のホームページからダウンロードできる。

事業開始等申告書・・・・東京都主税局のホームページからPDFデータを印刷できる。

青色申告承認申請書・・・・赤字の繰越や一定金額の所得の控除といった青色申告が個人事業主にはおすすめ。

事業用の銀行口座・・・・プライベートと事業用の財布を分けるためにも別口座は必要。

会計ソフト・・・・青色申告を行うための会計ソフトは必要で、簡単な入力をすれば決算書まで作ってくれる。

 

以上のようなものを用意し、税務署で申請して手続きを行ってもらうだけで個人事業主の開業ができるため、あなたも今からパソコン教室の社長です。

もちろん、必要な手続きはこれだけなのですが、「どの立地にパソコン教室を建てるのか?」「どのような客層をターゲットにするのか?」「どのようなノウハウを教えるのか?」といったパソコン教室のコンセプトについて考えておかなければなりません。

開業すれば直ぐに生徒が集まり、利益を獲得できるわけではありませんし、あなたのパソコン教室のコンセプトに沿って、立地条件を考えなければならないのです。

ありきたりなパソコン教室ではなく、奇抜なアイデアを持ってすれば成功する確率は上げられるため、思い立って直ぐに開業するのではなく、ゆっくりと自分の事業に対する戦略を練ってから手続きを行うようにしてください。