スポンサードリンク

探偵開業と行政書士について

行政書士とは法律に基づいて警察署や保健所に提出する書類の作成や、申請の依頼を応ずる職業のことを指し、探偵の開業の際に利用している方はいらっしゃいます。

確かに、「一人では開業できそうにない」「誰かの力を借りなければ探偵事務所を立ち上げられない」と考えている方は多く、そんな時に行政書士法人を利用するというわけです。

必要な書類の作成から申請まで一括して行ってくれる業者が多いということで、非常に便利だと感じるかもしれません。

探偵事務所の開業準備で書類の作成や申請に費やす時間がないのであれば、行政書士を利用するのは一つの選択肢だと説明できます。

探偵業の開業をサポートしている業者として有名なのが「ひかり行政書士法人」で、公安委員会への届出や業務委託契約書などの作成サービスを提供しているのです。

探偵業の届出だけをサポートしてもらいたいのであれば「探偵業届出サポート」、会社の設立まで一括して依頼したいのであれば「探偵会社設立サポート」が適しております。

個人事業主を開業して経営を行っていくのか、法人を設立して経営を行っていくのか個人の判断によって異なるため、その相談も「ひかり行政書士法人」にしてみた方が良いのではないでしょうか。

今まで多くの依頼に答えてきた業者ということで、探偵を開業して事務所を開くに当たって必要なことをアドバイスしてくれるはずです。

しかし、カフェやバーといった飲食店の開業と比較して、探偵事務所の開業で必要な書類はかなり少なく、自分の力でもこなすことは十分にできます。

特に職業スキルが必要な仕事ではないので資格は当然のように要らないですし、探偵業開始届出書に必要な事項を入力して警察署の公安委員会へと提出して許可を貰うだけで探偵の開業手続きは終了です。

皆さんが想像している以上に簡単な方法で開業手続きが終わるので、高い料金を支払って行政書士法人に依頼する必要はありません。

むしろ、サラリーマン時代とは違って誰かの命令を待っていれば良いわけではなく、探偵事務所を開業したら全て自分で行動に起こさなければならないので、勉強の一環として開業に関することも自分の力で乗り切ってみるべきです。

どんなに些細なことでも自分の力で乗り切れば達成感があるはずですし、これから独立して稼いでいこうとしている方にとっては必須の能力なのではないでしょうか。

以上のように、探偵の開業は必ずしも行政書士といったプロフェッショナルの力を借りなくても自分でこなせるので、このサイトや他のホームページで掲載されている情報を見て、流れをきちんと把握するようにしてください。