スポンサードリンク

探偵開業に役立つ本について

このページでは、探偵の開業に役立つ本を幾つかご紹介しております。

探偵の開業は他の業種と比べてかかる初期費用が少なく、尚且つ必要な資格が一切ないということで男性でも女性でも気軽に始められるというメリットがあるのです。

未成年の方は開業することができないかもしれませんが、職業的スキルが必要ないので誰でもチャレンジできると言っても過言ではありません。

しかし、何も知識がない状態から開業したところで顧客を獲得できるわけがありませんし、飲食店と同じようにお店に人が入らなければ利益を出すことはできないのです。

そこで、探偵の開業に役立つ本を読んで勉強を行い、ある程度のスキルを得た上で独立するようにしてください。

 

『誰も教えてくれない“探偵”の始め方・儲け方―低リスクで開業!生涯現役でいられる仕事』

『誰も教えてくれない“探偵”の始め方・儲け方―低リスクで開業!生涯現役でいられる仕事』は、探偵業のプロフェッショナルになるために必要な知識が記載されている本となっております。

「探偵はどうすればなれるのか」「探偵業はどのような仕事なのか」といった基本的な説明も最初に書かれているので、初心者の方にもおすすめの本なのではないでしょうか。

開業に必要な知識が全て詰め込まれておりますし、危機管理やトラブル対策なども丁寧に解説されております。

探偵を開業して利益を上げるためには一流にならなければならないということで、この本を読んで必要なスキルを事前に身に付けておくべきです。

 

『探偵裏物語-調査する側される側、それぞれの裏事情』

『探偵裏物語-調査する側される側、それぞれの裏事情』は、ベテランの探偵が明かす業務の実態について記載された本となっております。

西新宿にオフィスを構えるオハラ調査事務所の所長によって記載された本で、今までに失踪人調査や浮気調査、ネット被害対策や迷惑人物特定調査など様々な依頼に答えてきました。

35年以上もの実績を誇る名探偵によって記載された本なので、開業のために必要な仕事に関するスキルを身に付けられることは間違いありません。

テレビや小説で出てくる探偵のイメージと実態には大きな違いがあり、開業して独立する前にきちんと把握しておくべきです。

 

『Q&A探偵・興信所110番―トラブルの実態と探偵業法・プライバシー (110番シリーズ)』

『Q&A探偵・興信所110番―トラブルの実態と探偵業法・プライバシー (110番シリーズ)』は、探偵業務をめぐるトラブルの実態や解決方法に関して詳しく記載された本となっております。

平成19年6月に施行された探偵業法をもとに法的な規制について書かれており、調査内容やプライバシーに関しての説明も加えられているところが大きな特徴です。

探偵を開業して経営していくためには欠かせないスキルの一つですし、探偵業者に依頼する顧客の心理についても知っておかなければなりません。

探偵開業の初心者に向けられた本ではないので、他の本を読んで勉強した後に『Q&A探偵・興信所110番―トラブルの実態と探偵業法・プライバシー (110番シリーズ)』を読むのがベストです。