スポンサードリンク

探偵開業のノウハウについて

探偵を開業するために必要なものは公安委員会への届出だけということで、誰でも気軽に始めることができます。

しかし、開業しても稼げるかどうかは個人次第で、経営を成り立たせるためにはノウハウを学ばなければならないのです。

独立して一国一城の主として経営を行っていくのは誰もが夢を見るはずですし、サラリーマンとして使われる日々にウンザリしている方ほど、「自分で何かをしてみたい」と考えるのではないでしょうか。

それでも、探偵の仕事に関するノウハウを得ていなければ失敗するリスクは高まりますし、どんな業種でも知識とスキルがなければ成り立たないと頭に入れておくべきです。

探偵の仕事を行っていく上で必要なノウハウを全て記載することはできないものの、その中でも大事だと考えられているのは以下の3つとなっております。

 

営業ノウハウ:探偵事務所を構えていても黙ってお客さんが入ってくることは無く、顧客を獲得するための営業ノウハウを学ばなければならない。

調査ノウハウ:調査を行うために何が必要なのか知ることが大事で、どのくらいの期間や費用がかかるのか見当が付かないようであれば顧客と契約できない。

最低限の知識:依頼者はあなたに相談をするために事務所を訪れるので、的確なアドバイスをするために最低限の知識は必要。

 

以上の3つのノウハウを得て開業に臨んだとしても、次々に利益を上げられなくて潰れていくのが現状となっております。

誰でも簡単に開業して経営を始められるからこそ、お客さんを獲得して利益を出し続けるのは難しいというわけです。

これらの探偵の開業に関するノウハウを自分の力だけで学ぶのは困難なので、基本的には探偵学校に入学して知識とスキルを得たり、大手の事務所で実務経験を積んでから独立したりというケースが多くなっております。

探偵学校であれば必要なスキルを一から全て学ぶことができますし、既に経営をしている事務所で働くことができれば、営業ノウハウを盗むことができるかもしれません。

また、フランチャイズに加盟するのも選択肢の一つですが、「簡単な作業で開業して独立できる」と謳い、高額な契約料やフランチャイズ料を支払わせるという悪徳探偵業者は存在します。

現在ではその数はかなり減ったものの、悪徳探偵業者がゼロになったわけではありませんし、フランチャイズに加盟するのであれば細心の注意を払わなければならないのです。

どのような選択肢で探偵を開業するとしても、毎月ある程度の利益を出すためには努力が必要で、知識とスキルがない状態で成功は難しいと頭に入れておいてください。