スポンサードリンク

探偵開業の許可・届出について

探偵を開業して経営を行っていくためには行政機関に許可を得なければならず、必要な書類の届出を行う形となっております。

探偵を開業する上で欠かせない届出は探偵業開始届出書で、営業所ごとに管轄の警察署を経由して公安委員会に提出しなければならないのです。

しかし、探偵業開始届出書は実際に警察署に出向かなくても、インターネットでPDFファイルをダウンロードすることができるようになりました。

そのため、必要な書類を記載して届出を行うこと自体は決して難しいわけではありませんし、許可を得て探偵業届出証明書が交付されれば営業所の見やすい場所に掲示しておくだけで良いのです。

飲食店でご飯を食べていて、お店の上側の方に書類が展示されているケースを見かけたことのある方は多いのではないでしょうか。

これは行政機関に開業の届出を出して許可された証となっており、探偵業務の場合も必要な資格がなかったとしても、公安委員会に探偵業開始届出書を提出しなければならないという点では一緒です。

また、探偵の開業の許可を得るためには探偵業開始届出書だけではなく、住民票の写し(本籍が記載されていることが条件)・履歴書・誓約書・登記事項証明書・身分証明書が必要となります。

開業の際にこれらの書類が必要となるのは探偵だけではなく他の業種でも全く一緒で、「とりあえずお客さんを呼び込んで依頼を受けて報酬を貰おう」という考えは通用しないと頭に入れておくべきです。

法人として探偵を開業する場合は個人事業主とは異なり、定款・登記事項証明書・役員の住民票の写し(本籍が記載されていることが条件)・役員の誓約書・役員の市区町村が発行している身分証明書が必要となります。

これらの書類を全て用意した上で警察署へと出向き、提出して許可を得ることができれば晴れて探偵業として営業することができるのです。

もし、申請書類の作成や事業を営んでいく上で分からない点が多いのであれば、業者に「探偵業届出サポート」を依頼してみるのが良いかもしれません。

会社設立から探偵業届出までは一括して代行してくれる業者は存在しますし、開業準備に忙しくて取り掛かる暇がないという方は利用してみるべきです。

とは言え、これらの準備も含めた上で自分の力で行っていくのも開業の一つだと考えられるので、インターネットで調べるといった努力もこれから先必要になるのではないでしょうか。

他にも、顧客の依頼に応えるためには探偵業に関する知識やスキルを得なければならないので、信頼をしっかりと獲得するためにもきちんと勉強しておくようにしてください。