スポンサードリンク

探偵開業は儲かるの?

「探偵の開業は儲かるの?」という質問をされる方は非常に多いのではないでしょうか。

どんなに簡単に開業できて資格が必要ない業種だったとしても、儲かる見込みが全くないのならばチャレンジする価値はないと説明できます。

結論から言うと、探偵を開業して顧客をしっかりと獲得し儲かっている人がいれば、利益を上げられずに直ぐに潰れてしまったという方もいらっしゃるのです。

これは探偵の開業に限った話ではなく、独立して事業を行っていく上でどの業種にも言えることなので仕方ないかもしれません。

高収入として認知されている弁護士でも、年収1,000万円を越えている人がいれば、400万円に満たない普通のサラリーマンのような人もいるので、その人の能力次第だと言えます。

特に、探偵業務は信頼と営業ノウハウが非常に重要な位置付けとなっており、クライアントの相談を解決できる能力があるかどうかが大事なのです。

「浮気調査をして欲しい」「企業調査をして欲しい」というクライアントの依頼に答えられなければ仕事として成り立ちませんし、評判の悪い探偵事務所に相談する顧客は減っていきます。

それに、探偵事務所を開業しても有名な業者のように直ぐに人が集まるというケースは皆無で、どのように自分の事務所を売り出すのかという営業ノウハウが欠かせないのです。

これらの知識とスキルを得た上で探偵の開業をして独立すれば、誰でも高所得者になるチャンスがあるのではないでしょうか。

独学では探偵の仕事をしていく上でのスキルを上げるのは難しいということで、探偵学校に入学してみたり既存の事務所で働いてみたりという選択肢が非常に適しております。

事務所によって15万円〜18万円程度の給料で不定期に依頼を受けるケースと、依頼ごとに報酬から得た利益を月給とは関係なく歩合制で分配するケースの2種類に分かれるため、事前に確認しておくべきです。

どちらの形式でも、既存の探偵事務所で働けば独立するために欠かせない要素を学べるはずですし、事業主の立場に立った営業スキルを身に付けることもできるかもしれません。

以上のような努力を行っていれば、探偵事務所を開業して儲かる仕組みを作れるはずですし、全ては自分次第という点では他の業種と何ら変わりないというわけです。

何の努力をせずに儲けたいと考えるのは甘いですし、独立して利益を上げるのがいかに難しいことなのか、これから事業主になる人は把握しておいた方が良いでしょう。

数年間でほとんどの小企業が潰れてしまうというのが現状ですが、「自分で事業を立ち上げて仕事を行っていきたい」という夢があるのならば、探偵を開業して営んでいくための努力をしてみてください。