スポンサードリンク

探偵開業の流れについて

探偵の開業は特に資格がなくても誰でもなれるという特徴があり、開業の流れは至ってシンプルとなっております。

簡単に説明すれば、「公安委員会に探偵業開始届出を提出」→「個人事業主の開業届けを税務署に提出」というだけで探偵事務所を開くことはできるのです。

もちろん、テナントを借りて事務所を作らなければなりませんが、飲食店とは違って必ずしも人通りの良い駅前に出さなければならないというわけではありません。

「探偵事務所に出入りするところを誰かに見られたくない」「こっそりと探偵事務所に依頼したい」というクライアントが多いため、自宅を事務所代わりにすることができます。

つまり、初期投資を抑えることができる業種ということで、探偵の開業は以前から高い人気を誇っているのです。

「低コストで始められる」「資格が必要ない」「開業の流れが実に簡単」という3点が、探偵開業の大きな特徴だと言えるのではないでしょうか。

開業して直ぐにお客さんからの依頼が殺到するわけではないものの、失敗のリスクを抑えられるというのは非常にありがたいことなのです。

個人では解決できない悩みを抱えている方は今も昔も多いですし、不景気だからといって探偵事務所に依頼する顧客が一気に減るわけではないので、探偵の開業は狙い目の業種だと説明できます。

中には、探偵を開業するまでの流れが分からないということで、業者にサポートしてもらおうと考えている方がいらっしゃるかもしれません。

確かに、開業までの手順を丁寧に説明してくれますし、「警察へと行くのが苦手」「申請に行く時間がない」という方は代理申請サービスを利用するのが適しております。

それでも、意外と高い費用を支払わなければなりませんし、業者に依頼するほど難しい作業ではないので、自分で探偵事務所を開くために書類を作ったり申請作業をしたりするのがベストなのです。

必要な書類に関しては、「探偵業開始届出書」「誓約書」「履歴書」だけですし、これらは全てインターネットを通じてダウンロードをすることができます。

身分を証明するものを持って警察署の公安員会へと出向き、許可を得ることができれば探偵事務所をその日から開業できるというわけです。

このサイトでは、探偵開業の流れについてだけではなく、必要な手続きや資金についても非常に詳しく説明しているので、事務所を開いて独立して経営を行っていきたいという方は参考にしてみてください。