スポンサードリンク

薬局開業について

薬局やドラッグストアを開業したいと思っている方は、多くいらっしゃいます。

私たちが健康的な生活を送っていくためには薬局は必要不可欠で、人々の需要が減ることはありません。

「病院に行きたいけど時間がない」「病院ではなく気軽に薬を手に入れたい」と思っている方は、薬局を利用すると思います。

そのような方の需要に応えるために、是非薬局を開業してみてはいかがでしょうか。

何の知識もなく開業できる事業ではありませんが、医薬品に興味があるという方にとって、薬局の開業は理想的であると言えます。

さて、医薬品の小売形態は薬事法で3つに分類されております。

一般的な薬局は調剤薬局と呼ばれ、全医薬品を販売しており、常に薬剤師がいなければなりません。

また、調剤室があるという特徴もあります。

2つ目は一般販売業で、ここでは大衆薬を販売しております。

一般販売業も薬剤師が管理しなければならないという決まりがあり、処方せんの取り扱いはできないのです。

3つ目は薬種商と呼ばれ、指定医薬品以外の医薬品を販売します。

薬剤師はおかなくて良いものの、各都道府県知事が適当であると認めた者が管理しなければならないという決まりがあるので、十分に注意してください。

このように、一口に薬局開業といっても、色々な形態があるので自分がどのような薬局を経営していきたいのかしっかりと見極める必要があります。

それに、自分が薬剤師の資格を持っていないのであれば、誰かを雇わなければ調剤薬局や一般販売業として、経営することはできません。

もし、自分一人で事業を行っていくと考えているのであれば、形態が限られているのです。

中には薬局を開業したいと考えていても、「どのような立地にすれば良いか分からない」「店舗のレイアウトが全く分からない」「開業までにやらなければならないことが分からない」という方はいらっしゃると思います。

そこで、薬局の開業から繁栄までサポートしているコンサルタントがいらっしゃるので、そこでコンサルティングを申し込むのは一つの方法です。

また、セミナーを開設しているところもあるので、積極的に利用してみてください。

いきなり開業を決めても何から手をつければ良いのか分からないという方が多いと思うので、そのような方にコンサルティングやセミナーは最適です。

そして、自分がイメージする薬局を開業し、医薬品を求める人々のお役に立ってみてはいかがでしょうか。