スポンサードリンク

薬局開業に役立つ本について

このページでは、薬局開業に役立つ本をご紹介していきたいと思います。

薬剤師の資格を取得していたとしても、経営に関するスキルを学んではいません。

薬に関しての知識が豊富だったとしても、それが経営のスキルに結び付くというわけではないので、薬局を開業する前に勉強しておく必要があります。

その方法として、セミナーで学んだりコンサルタントの演説を聞いたりといったことが挙げられますが、本を読むという選択肢もあります。

実際に薬局を開業して成功した方の体験談が記載された本もあるので、参考になるのではないでしょうか。

そこで、薬局を開業しようとしている方に読んで頂きたい本を紹介するので、是非読んでみてください。

 

『調剤薬局・開業成功マニュアル―業界の現状と成功する開業ノウハウを収録』

『調剤薬局・開業成功マニュアル―業界の現状と成功する開業ノウハウを収録』では、薬局を開業するために必要な知識と業界の動向が記載されております。

近未来の薬局業界がどのような情勢となっているのか詳しく分析されており、資金調達や立地選択といった開業の基本的なことについて完全網羅されているのです。

この本の著者は、医療リスクマネジメントセンターの研究員を務めており、診療報酬の実務に関する本も出版しているので、もし興味があるという方は見てみてください。

どのような薬局を経営していけば良いのか把握できるので、実際に開業の準備を始める前に読んでみましょう。

 

『生き残るための調剤薬局経営―薬価差0時代の課題と戦略』

『生き残るための調剤薬局経営―薬価差0時代の課題と戦略』では、激変する環境に対応するため、調剤薬局はどのような戦略をとるべきなのか記載されております。

医療分業が進んでいる現在において、調剤薬局は更に室が高く効率化を図ることが求められているのです。

個人経営の薬局が生き残るために必要なスキルについて説明されている優れた本ですので、まずは一度読んでみることをおすすめします。

 

『よくわかる薬局開設の手引き』

『よくわかる薬局開設の手引き』は、その本の名前の通り、薬局開業に必要なことが分かりやすく記載されております。

薬局を取り囲む環境は日々変化しており、薬剤師や薬学生が新制度にどのような対応をしていかなければならないのかについても書かれております。

これから薬局を開業しようと考えている方に最適の本ですので、隅々まで読んで勉強してみてください。