スポンサードリンク

薬局開業とバイトについて

薬局を開業する前に、実際に薬局でバイトをして経営に関するノウハウを学んでみてはいかがでしょうか。

薬局を開業しようとしている方の多くは薬剤師の方だと思われるので、アルバイトではなく正社員として働くという選択肢もあります。

薬剤師は国家資格の一つですので、取得していれば就職先が見つからないという事態は引き起こされないはずです。

そのため、薬局であれば人材を欲しがっていることが多いので、正社員として働くことは難しくないと思います。

もちろん、薬剤師の資格を取得して直ぐに開業はできるかもしれませんが、経営のスキルがないよう状態で急いで開業をすると、失敗してしまうかもしれません。

それに、薬局を開業するには多くの費用が必要となるので、自己資金を貯めなければならないのです。

どんなに優秀な薬剤師であっても、開業資金全てを融資でまかなうのは、とても現実的ではないと言えます。

そこで、バイトとして薬局に勤め、お金を貯めながら経営のノウハウを学ぶのが非常に効率が良いと言えるでしょう。

「薬局の業務では経営のスキルは学べない」と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、ただ与えられた業務をバイトとしてこなすのではなく、自分から積極的に学ぶ姿勢を見せることが大切です。

そうすれば、経営のスキルであっても学ぶことはできると思います。

バイト代をもらえなくても無給で勉強するくらいの覚悟で、取り組んでいけばバイトとして働く意味はあるのです。

薬剤師の資格を持っていなくてもバイトとしてドラッグストアで働くことは可能ですが、アルバイト店員だけでは取り扱えない医薬品があるので、薬に関しての勉強ができないかもしれません。

薬局を開業するに当たり、薬の知識を身に付ける必要性があるので、まずは薬剤師の取得から始めた方が良いでしょう。

薬局の開業は経営者であれば薬剤師の資格は必要ありませんが、その場合は薬剤師を雇う必要があります。

そうなると、賃金を支払わなければならないので、運転資金はそれだけ多くかかると考えてください。

自分が管理者となれば薬剤師を雇う必要はありません。

以上のように、薬剤師の方であれば、薬局でバイト経験を積むことで、同時に経営のスキルを身に付けることは十分に可能です。

自分のやる気次第では、同じことを繰り返すバイトの仕事でも薬局開業に関する知識を身に付けられるということを、しっかりと頭に入れておいてください。